コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

再生セルロース さいせいセルロースregenerated cellulose

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

再生セルロース
さいせいセルロース
regenerated cellulose

セルロースまたはその誘導体を溶解して溶液として,それを再沈殿してつくるセルロースで,繊維状に紡糸されると再生繊維となる。物理的性質は製法によって異なる。工業的にはセルロースキサントゲン酸塩 (ビスコース) ,セルロース酸化銅アンモニア錯化合物 (銅アンモニアレーヨン) ,酢酸セルロースエステル,アルカリセルロースなどから再生したものが繊維,フィルムプラスチックなどに用いられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

再生セルロース

 天然のセルロースを処理したのち,再びセルロースに戻したもの.ビスコース,レーヨン,その他.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内の再生セルロースの言及

【セルロース】より

…ホロセルロースは,木材やわらなどセルロースを含む物質から,炭水化物以外の物質を除いた残りをいい,セルロースとヘミセルロースを合わせたものである。再生セルロースは,セルロースを一度溶解後,元のポリアンヒドログルコース構造へ戻したものをいう。
[セルロース源]
 セルロースを含む原料とその含有割合を表に示す。…

※「再生セルロース」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

再生セルロースの関連情報