コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出生前小児科学 しゅっせいぜんしょうにかがくprenatal pediatrics

1件 の用語解説(出生前小児科学の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しゅっせいぜんしょうにかがく【出生前小児科学 prenatal pediatrics】

出生前に原因をもつ小児疾患,すなわち先天異常を対象とし,その診断・治療・予防を目的とする小児科学の一分野。近年の遺伝学,発生学,分子生物学,疫学の進歩により確立されたのであり,従来,体質,素因,先天性弱質,遺伝病など漠然と表現されていた種々相が整理されている。ファンコーニG.Fanconi,高津忠夫によって提唱された(1965)。
[出生前期の意義]
 両親の遺伝形質遺伝子として配偶子(精子と卵子)に伝えられ,それらが合体した受精卵の1対の遺伝子によって児の一つの形質が決定される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone