コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切(り)山椒 キリザンショウ

デジタル大辞泉の解説

きり‐ざんしょう〔‐ザンセウ〕【切(り)山×椒】

糝粉(しんこ)山椒の汁または粉と砂糖とを混ぜて蒸し、臼でついてから拍子木形に切った和菓子 新年》「暮からの風邪まだ抜けず―/万太郎

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

切山椒
きりざんしょう

(もち)菓子の一種。サンショウの実を炒(い)ったもの、あるいはサンショウの汁に砂糖を加えて新粉(しんこ)を練り、蒸してから臼(うす)で搗(つ)く。拍子木形に切るので切山椒の名があるが、山椒餅ともいう。臼で搗き上げたのちふたたび蒸して搗き直したものは練(ねり)山椒といい、切山椒としては極上品で求肥(ぎゅうひ)菓子の部類に入る。普通に搗いただけの切山椒は固くなるのも早いが、固くなったものを火鉢であぶって食べる風味のよさが、庶民に親しまれてきた。切山椒は江戸時代からあり、茶人小堀遠州好みと伝えられる。そして求肥菓子の完成期とみられる天保(てんぽう)年間(1830~44)には、極上の山椒餅もつくられた。
 新年の菓子で紅白のものが多いが、ひき茶や黒糖を用いた切山椒もある。夷講(えびすこう)や、酉(とり)の市、初芝居などにも売られた。紅梅焼で有名な東京・浅草の梅林堂では、酉の市にだけ切山椒を売り出す。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の切(り)山椒の言及

【和菓子】より

…ふつうの餅でつくるのは大福餅や萩の餅(ぼた餅)くらいであるが,江戸時代には鶉餅(うずらもち),大仏餅などこの種類のものが多かった。糝粉餅を使うものには鶴の子餅,すあま(州浜),草餅柏餅,切山椒(きりざんしよう)などがあり,だんご類も多くはこれに属する。鶴の子餅(鳥の子餅)は,砂糖を加えた糝粉餅を紅白の卵形にしたもので,祝儀用にされる。…

※「切(り)山椒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone