コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切峰面/接峰面 セッポウメン

2件 の用語解説(切峰面/接峰面の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せっぽう‐めん【切峰面/接峰面】

山地の尾根に接する仮想の曲面。浸食によって谷が刻まれる前の原地形を表すと考えられる。地形図に適当な方眼をかけ、各方眼内の最高高度をとり、それに基づいて新たに等高線を描く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

切峰面
せっぽうめん

ある山地の山頂や尾根などに接する仮想的な曲面をいう。山地は、水食・氷食・風食・雪食・地すべり山崩れ周氷河作用などの外的営力によって侵食されている。山地の原地形が形成されてから、これらの侵食営力は絶えず山地を侵食し続けている。山頂や尾根を構成している地表面は面状侵食を受けているので、それらの標高は厳密な意味では原地形の標高を示していない。しかし各山頂や尾根に接する面は、近似値的に侵食前の原地形面の状態を示すものと仮定される。わが国では、切峰面を、山地の全体的な形態、地形面の分類、大きい断層の位置の推定、原地形面の曲隆や曲降の推定、地盤運動や地形発達史の研究などに利用している。切峰面を描くには、地形図上に、一辺の長さが調査する山地の谷を埋めるのにふさわしい幅の網目をかけ、その網目の最高標高を一つずつとり、その高さに基づいて等高線を描く必要がある。[有井琢磨]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

切峰面/接峰面の関連キーワード浸食平野丹沢山地土壌浸食気圧の尾根鞍部謦咳に接する浸食谷閉曲面アレート水食

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone