コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

列帖装(読み)レッチョウソウ

百科事典マイペディアの解説

列帖装【れっちょうそう】

和書の装丁の仕方のひとつ。綴葉装(てっちょうそう)とも。いわゆる大学ノートの綴じ方で,数枚の紙を重ね半分に折ったものを一括りずつ糸を用いて綴じ,数括りをさらにかがったもの。糊を使わず糸を使う点で,胡蝶装と区別される。平安・鎌倉時代によく用いられた方法で,紙の両面を使用するため版本などには向かず,紙が貴重品でなくなると,その簡便さからやがて袋綴じに圧倒された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

れっちょうそう【列帖装】

書物装丁法の一つ。用紙を数枚(3~10枚,普通5枚前後)重ねて二つ折りにしたものを一くくりとし,それを数くくり重ね,表紙を添えてとじたもの。現在普通に使うノートブックに似たとじ方である。列帖は粘葉(でつちよう)の転訛かとも解されるが,書誌学では綴葉装(てつちようそう)ともいう。巻子本(かんすぼん),折本(おりほん),旋風葉,粘葉装線装(袋とじ)という中国書物形態の変遷に伴って,日本でもこれにならったが,中国では粘葉から線装へと直接移行したのに対して,この中間に日本独自の糸とじによる列帖装が考案された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる