初心忘るべからず(読み)しょしんわするべからず

故事成語を知る辞典「初心忘るべからず」の解説

初心忘るべからず

何かを始めた最初ころの気持ちを忘れてはいけない、という戒めのことば。

[使用例] そこで私は、「初心を忘るべからず」という言葉を思い出したい。能楽の大成者のの言葉だが、私はこれを愛についても言いたい[亀井勝一郎*愛と死|1976]

[由来] 一四~一五世紀、室町時代役者作者世阿弥の「花鏡」の最後の部分で、くり返し述べられていることば。初心者はもちろん、大ベテランに至るまで、を身に付けていくそれぞれの段階に「初心」があり、それを忘れてはいけない、と説いています。現在では、広くさまざまな分野で用いられています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

ことわざを知る辞典「初心忘るべからず」の解説

初心忘るべからず

物を学ぶに際して重要なことは、学び始めたころの心を忘れないことである。

[使用例] そこで私は、「初心を忘るべからず」という言葉を思い出したい。能楽の大成者の世阿弥の言葉だが、私はこれを愛についても言いたい[亀井勝一郎*愛と死|1976]

[解説] 芸事を極める上での心構えとして、世阿弥の残したことば。今日では、芸事に限らず、さまざまな分野で用いられます。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「初心忘るべからず」の解説

しょしん【初心】 忘(わす)るべからず

世阿彌の「花鏡」にある語。能楽で、若年のころに学んだ芸や、その当時の未熟だったこと、また、時期時期での初めての経験を忘れてはいけないという教え。転じて一般に、習い始めたころの、謙虚なはりつめた気持を常に失ってはならない、また、最初に思いたった一念を忘れてはいけないの意。
※花鏡(1424)奥段「当流に、万能一徳の一句あり。初心不忘」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「初心忘るべからず」の解説

初心しょしんわするべからず

世阿弥の「花鏡」にある言葉》習い始めのころの謙虚で真剣な気持ちを忘れてはならない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android