コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初心忘るべからず ショシンワスルベカラズ

デジタル大辞泉の解説

初心(しょしん)忘るべからず

世阿弥の「花鏡」にある言葉》習い始めのころの謙虚で真剣な気持ちを忘れてはならない。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょしんわするべからず【初心忘るべからず】

〔世阿弥の「花鏡」にある言葉〕
学びはじめたころの、謙虚で緊張した気持ちを失うなの意。また、最初の志を忘れてはならないの意にもいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

初心忘るべからずの関連キーワード唯月ふうか徳永えり忘れる一條俊初心

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初心忘るべからずの関連情報