コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初昔 ハツムカシ

デジタル大辞泉の解説

はつ‐むかし【初昔】

茶摘みの最初の日に摘んだ葉茶で製した抹茶の銘。本来、小堀遠州が従来の白みを帯びた色の茶を名付けたもの。「昔」を「廿一日」の合字とし、八十八夜前後の21日間の前半・後半に葉を摘んだものを初昔・後昔(のちむかし)とする俗説もある。
新年に前年を振り返っていう語。 新年》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

初昔

京都府宇治市に本店を置く茶専門店、三星園(みつぼしえん)上林三入(かんばやしさんにゅう)本店が販売する抹茶。千利休や将軍家御用達として知られる濃茶の高級銘柄。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

はつむかし【初昔】

上等の抹茶の銘の一。白みを帯びた茶。徳川将軍家で後昔あとむかしとともに愛飲された。後昔より古くから製せられていたことによる名という。後世、「昔」を「廿一日」の合字とし、旧暦3月21日、あるいは八十八夜を含む前後21日のうち、初昔は前10日に、後昔は後10日に摘んで製した茶などと付会された。
元日に前年をさしていう語。旧年ふるとし

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

初昔の関連キーワード加藤郁乎茶銘新年前年旧年後世元日

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android