初昔(読み)ハツムカシ

デジタル大辞泉の解説

はつ‐むかし【初昔】

茶摘みの最初の日に摘んだ葉茶で製した抹茶の銘。本来、小堀遠州が従来の白みを帯びた色の茶を名付けたもの。「昔」を「廿一日」の合字とし、八十八夜前後の21日間の前半・後半に葉を摘んだものを初昔・後昔(のちむかし)とする俗説もある。
新年に前年を振り返っていう語。 新年》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

初昔

京都府宇治市に本店を置く茶専門店、三星園(みつぼしえん)上林三入(かんばやしさんにゅう)本店が販売する抹茶。千利休や将軍家御用達として知られる濃茶の高級銘柄。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

はつむかし【初昔】

上等の抹茶の銘の一。白みを帯びた茶。徳川将軍家で後昔あとむかしとともに愛飲された。後昔より古くから製せられていたことによる名という。後世、「昔」を「廿一日」の合字とし、旧暦3月21日、あるいは八十八夜を含む前後21日のうち、初昔は前10日に、後昔は後10日に摘んで製した茶などと付会された。
元日に前年をさしていう語。旧年ふるとし

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はつ‐むかし【初昔】

〘名〙
① 上等の煎茶、抹茶の銘の一つ。陰暦三月二一日に新芽を摘んで精製した茶。
俳諧小町踊(1665)春「去年はきのふ大ふくの茶や初むかし〈正長〉」
元日になってから前年をさしていう語。旧年(ふるとし)。宵の年。《季・新年》
※俳諧・七車(1728)春「高砂や去年を捨つつ初むかし」
[補注]①の初昔に対して、その後の茶を後昔(あとむかし)といい、この二種の茶は幕府の御用となり、一般には売られなかった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android