コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

別子山 べっしやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

別子山
べっしやま

愛媛県東部,吉野川の支流銅山川渓谷に沿う地域。旧村名。銅山川上流域の旧別子地区は別子銅山開坑の地で,村民の大部分は銅山関係の労働者とその家族であった。最盛期の明治中期には人口1万余を数えにぎわったが,1973年に閉山。 2003年新居浜市に編入。スギ,ヒノキを中心とした林業を主とする。ゴヨウマツ原生林や 120種に及ぶ高山植物が分布。夏季は渓谷美と銅山跡を求めて訪れる人が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

別子山
べっしやま

愛媛県東部、宇摩(うま)郡にあった旧村名(別子山村(むら))。現在は新居浜(にいはま)市の南部を占める地域。2003年(平成15)新居浜市に編入。銅山(どうざん)川上流域の山村。1691年(元禄4)に別子銅山の本山(ほんざん)坑が開発され、最盛期の明治時代には人口1万余の鉱山町となった。その後1899年(明治32)の山津波で精錬の中心が新居浜側に移り、四阪(しさか)島にも製錬所が設置されて衰退し、1973年(昭和48)の筏津(いかだづ)坑閉山で280年にわたる鉱山町の歴史を閉じた。林業やアマゴ養殖などが営まれている。[横山昭市]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

別子山の関連キーワードマイントピア別子愛媛県新居浜市新居浜(市)切上り長兵衛住友友芳真鍋 博広瀬宰平四阪島

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

別子山の関連情報