コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イラ

6件 の用語解説(刺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いら【刺】

草木のとげ。いらら。
魚の背びれのとげ。
イラクサのこと。

さし【刺(し)】

米刺(こめさ)し」に同じ。
(「緡」とも書く)江戸時代、保管・携帯のため穴あき銭に通して用いた麻縄。ぜにさし。
刺し身」の略。「いか刺し

し【刺】

突き刺すもの。とげ。はり。
なふだ。名刺。

し【刺】[漢字項目]

常用漢字] [音](呉)(漢) セキ(漢) [訓]さす ささる とげ
〈シ〉
とがったもので突きさす。「刺客刺激刺殺刺繍(ししゅう)
そしる。「風刺
とげ。「有刺鉄線
名札。「名刺
〈さし(ざし)〉「刺身(さしみ)絽刺(ろざし)
[難読]刺草(いらくさ)刺青(いれずみ)肉刺(まめ)

とげ【刺/×棘】

体表にある、堅くて先のとがった突起物。植物では、表皮が変化したもの(バラ)や葉・茎・托葉・根が変化した葉針(サボテン)・茎針(サイカチ)・托葉針(カラタチ)・根針(シュロ)などがある。動物では、ハリネズミ、ゴンズイやアカエイ、ウニなどにみられる。
木・竹・骨などの、細くとがった小片。「―を抜く」
言葉に含まれた、相手の感情を傷つける皮肉や悪意。「―のある言葉」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

刺の関連情報