コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イラ

デジタル大辞泉の解説

いら【刺】

草木のとげ。いらら。
魚の背びれのとげ。
イラクサのこと。

さし【刺(し)】

米刺(こめさ)し」に同じ。
(「緡」とも書く)江戸時代、保管・携帯のため穴あき銭に通して用いた麻縄。ぜにさし。
刺し身」の略。「いか刺し

し【刺】

突き刺すもの。とげ。はり。
なふだ。名刺

し【刺】[漢字項目]

常用漢字] [音](呉)(漢) セキ(漢) [訓]さす ささる とげ
〈シ〉
とがったもので突きさす。「刺客刺激刺殺刺繍(ししゅう)
そしる。「風刺
とげ。「有刺鉄線
名札。「名刺
〈さし(ざし)〉「刺身(さしみ)絽刺(ろざし)
[難読]刺草(いらくさ)刺青(いれずみ)肉刺(まめ)

とげ【刺/×棘】

体表にある、堅くて先のとがった突起物。植物では、表皮が変化したもの(バラ)や葉・茎・托葉・根が変化した葉針サボテン)・茎針サイカチ)・托葉針(カラタチ)・根針(シュロ)などがある。動物では、ハリネズミゴンズイアカエイウニなどにみられる。
木・竹・骨などの、細くとがった小片。「―を抜く」
言葉に含まれた、相手の感情を傷つける皮肉や悪意。「―のある言葉」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

刺 (バラ)

植物。有刺植物およびバラ科バラ属の蔓性または直立低木の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

刺の関連キーワードリボン刺繍・リボン刺繡エンブロイダリーレースイタアナサンゴモドキスナイソギンチャクランニングステッチ区限刺繍・区限刺繡白糸刺繍・白糸刺繡チロリアンテープエンブロイダリーキャンバスワークケミカルレースエチゼンクラゲハナガサクラゲアンドンクラゲサテンステッチカギノテクラゲ平野 利太郎やす(簎)刺を通ずる吉田意休

刺の関連情報