コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前川春雄 マエカワハルオ

3件 の用語解説(前川春雄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まえかわ‐はるお〔まへかははるを〕【前川春雄】

[1911~1989]銀行家。東京の生まれ。日本輸出入銀行副総裁などを経て、昭和54年(1979日本銀行総裁に就任。第二次オイルショックに際して金融引き締め政策を取り、インフレの克服に尽力した。退任後は経済構造調整研究会の座長を務め、前川レポート呼ばれる報告書をまとめた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前川春雄 まえかわ-はるお

1911-1989 昭和-平成時代の銀行家,経営者。
明治44年2月6日生まれ。建築家前川国男の弟。昭和10年日本銀行にはいる。日本輸出入銀行副総裁,日銀副総裁をへて,54年日銀総裁。インフレの克服,経済の自由化にとりくんだ。退任後,国際協調のための指針「前川レポート」を発表。61年国際電信電話(KDD)会長。平成元年9月22日死去。78歳。東京出身。東京帝大卒。
【格言など】叙勲等はすべて辞退すべし

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

前川春雄
まえかわはるお
(1911―1989)

銀行家。東京都生まれ。1935年(昭和10)東京帝国大学法学部を卒業し、日本銀行に入行。イタリアドイツ駐在となって海外の金融事情を勉強。高松支店長、ニューヨーク駐在を経て、1960年外国為替(かわせ)局長、1963年外国局長と理事、1970年日本輸出入銀行副総裁、1974年日本銀行副総裁を歴任し、1979年に日本銀行総裁となる。1980年第二次オイル・ショックのインフレを金融引き締めで克服。1984年退任し、1985年、経済構造調整研究会(経構研)座長を務め、日本経済の国際協調型への転換をうたった「前川レポート」「新前川レポート」をまとめ、国際的に評価を得た。1986年国際電信電話(現在はKDDI)会長。平成1年9月22日没。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

前川春雄の関連キーワード三重野康白川方明福井俊彦色部義明勝田竜夫末松謙一橋本徹古川進松沢卓二吉野重彦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone