コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前田雀郎 まえだ じゃくろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前田雀郎 まえだ-じゃくろう

1897-1960 大正-昭和時代の川柳作家。
明治30年3月27日生まれ。講談社,都新聞社で活躍。この間,阪井久良伎(くらき)に師事した。昭和11年「せんりう」を創刊。16年日本川柳協会委員長。昭和35年1月27日死去。62歳。栃木県出身。宇都宮商業卒。本名は源一郎。著作に「川柳と俳諧」「川柳探求」。
【格言など】子の手紙前田雀郎様とあり(「ふるさと」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まえだじゃくろう【前田雀郎】

1897‐1960(明治30‐昭和35)
川柳作者。宇都宮生れ。本名源一郎。1912年宇都宮商業卒業。15年銀座の貿易商社に入り講義録で勉学。10世柄井川柳の門に入り17年講談社へ入社,《面白俱楽部》の川柳欄を手伝う。選者岡田三面子古句研究家の西原柳雨の知遇を得て古句への探究が始まる。18年阪井久良伎(くらき)門に入り22年都新聞へ入社,翌年都柳壇の選者となり〈古俳諧に就いて〉を連載,古川柳研究家としての地歩を固めた。24年《川柳みやこ》を発刊,36年に《せんりう》を発刊,丹若会を主宰した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

前田雀郎の関連キーワード川柳(短詩)3月27日紀逸