コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前知 ゼンチ

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐ち【前知】

[名](スル)前もって知ること。予知。
「人間もたまには、事を―するものと見えるテ」〈逍遥当世書生気質

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんち【前知】

( 名 ) スル
前もって知ること。予知。 「未だ-せざる洋海に進み往き/西国立志編 正直

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

前知の関連キーワード全・前・善・喘・漸・然・禅・禪・繕・膳・髯和歌山県発注工事をめぐる談合・汚職事件「埋め立て承認」と「岩礁破砕許可」東国原(ひがしこくばる)知事誕生成田空港に関する四者協議会宮崎県の官製談合・汚職事件県立中央病院の移転・新築RDF焼却発電事業日本海横断航路計画和歌山官製談合事件B.E. バビット福島県前知事逮捕働きかけ記録制度宮崎官製談合事件和歌山県知事逮捕田中県政の与党宮崎県知事逮捕県のRDF事業和歌山談合事件検察側の主張

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前知の関連情報