コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前駆体 ゼンクタイ

栄養・生化学辞典の解説

前駆体

 前駆物質ともいう.物質代謝では,ある物質が一連の反応で別の物質へと代謝される場合,反応のはじめの方により近い物質を,あとの方の物質に対していう.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぜんくたい【前駆体】

一連の生化学的反応過程の中で着目したある物質よりも前の段階にあって、一ないし数段階の反応によってその物質に変わりうる物質。例えば、インシュリンに対するプロインシュリンなど。前駆物質。先駆体。プレカーサー。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

前駆体
ぜんくたい

ある特定の物質よりも反応段階的に前に位置する物質のこと。プレカーサーprecursorともいう。酵素やタンパク質、あるいはホルモンなどには、活性をもたない前駆体として合成され、のちに特定箇所の切断や一部分の切り離しを受けるなどして活性化されるものが多い。ペプシンの前駆体ペプシノーゲンインスリンの前駆体プレプロインスリンなどがその例にあたる。前駆体はタンパク質やペプチドなどの高分子に限らず、コレステロールの場合は、酢酸、メバロン酸、ファルネシルピロリン酸スクアレンなどが前駆体である。[野村晃司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

前駆体の関連情報