コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤卓男 かとう たくお

3件 の用語解説(加藤卓男の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

加藤卓男

陶芸家。大正6年(1917)岐阜県生。五代加藤幸兵衛の長男。ペルシャ陶器の研究に取り組み、ラスター彩の再現に成功した。また正倉院三彩復元事業に参加し「三彩鼓胴」「二彩鉢」を完成させた。美濃陶芸協会を設立し後進の指導にあたる。日展特選北斗賞・現代工芸賞・文部大臣賞等多数受賞。人間国宝

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤卓男 かとう-たくお

1917-2005 昭和-平成時代の陶芸家。
大正6年9月12日生まれ。5代加藤幸兵衛の長男。帖佐美行(ちょうさ-よしゆき),佐治賢使(さじ-ただし)にまなび,フィンランド工芸美術学校に留学。昭和38年,40年日展特選。平成6年芸術院賞。7年三彩で人間国宝。ペルシャの古陶研究に力をそそぎ,幻の陶器といわれたラスター彩や三彩の復元などでも知られた。美濃陶芸協会会長。平成17年1月11日死去。87歳。岐阜県出身。多治見工業卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加藤卓男
かとうたくお
(1917―2005)

陶芸家。岐阜県多治見市生まれ。1934年(昭和9)多治見工業高校卒業後、京都国立陶器研究所陶芸科にて研修を受ける。1961年フィンランド工芸美術学校、1973年イランパーレビ王立大学付属アジア研究所に留学。早くから父・5代加藤幸兵衛の指導を受け、陶芸技法の基礎を習得。現代感覚に沿った独自の優れた作品を発表するとともに、三彩の研究・復原に携わり、三彩の技法を高度に体得した。長年の古代オリエント研究の成果を実らせ、ラスター彩、三彩、ペルシャン・ブルーの復原に成功。1980年宮内庁正倉院の委嘱で、正倉院三彩の復原も手がけ、8年かけて三彩「鼓銅」「二彩鉢」を完成させた。1963年日展特選、1964年日本現代工芸美術展現代工芸賞、1965年日展北斗賞、1988年日本新工芸展文部大臣賞、紫綬褒章(しじゅほうしょう)、1991年(平成3)日本陶磁器協会金賞を受けた。1995年重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される。日本工芸会会員、日本新工芸家連盟顧問、美濃陶芸協会名誉会長などをつとめた。[編集部]
『●著作 ▽加藤卓男編著、兼本延夫撮影『織部の文様』(1985・光村推古書院) ▽『ペルシャ陶器』(1988・保育社) ▽『三彩の道――奈良三彩の源流を探る』(1989・学生社) ▽『日本の陶磁 美濃』(1991・保育社) ▽『やきもののシルクロード 地中海から正倉院まで』改訂版(1998・中日新聞社) ▽『人間国宝加藤卓男 シルクロード歴程――ラスター彩、三彩、織部の源流を求めて』(2002・山川出版社) ▽『砂漠が誘う――ラスター彩遊記』(2002・日本経済新聞社)』
『●作品集など ▽『ラスター彩陶 加藤卓男作品集』(1982・小学館) ▽富士美術館学芸課編『幻のペルシャ陶器・ラスター彩と加藤卓男展』(1988・富士美術館) ▽『日本の陶磁 現代篇 第5巻』(1993・中央公論社) ▽安野光雅著「加藤卓男・古代ペルシャの輝きを今に」(『NHKやきもの探訪1』所収・1998・風媒社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加藤卓男の関連キーワード鈴木治塚本快示乾由明大塩正義長倉三朗中里時夫三輪休雪(12代)横石臥牛(13代)秋山陽

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加藤卓男の関連情報