コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤武男 かとう たけお

2件 の用語解説(加藤武男の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤武男 かとう-たけお

1877-1963 大正-昭和時代の銀行家。
明治10年6月5日生まれ。池田成彬(しげあき)の義弟。明治34年三菱合資にはいり,大正8年三菱銀行の発足とともに常務となる。昭和18年頭取に就任,三菱財閥をになった。戦後,公職追放解除後は,経団連顧問,日銀参与,全国銀行協会連合会会長。昭和38年10月17日死去。86歳。栃木県出身。慶応義塾卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加藤武男
かとうたけお
(1877―1963)

三菱(みつびし)財閥のリーダー。栃木県の庄屋(しょうや)の長男に生まれる。1901年(明治34)慶応義塾大学を卒業し、三菱合資会社銀行部に入社。1919年(大正8)銀行部の改組に伴い三菱銀行の常務取締役となり、1938年(昭和13)同行会長に就任。1943年には株式会社三菱本社の取締役理事となる。三菱系主要企業の役員をも兼務し、財閥の指導者的存在として活躍した。第二次世界大戦後は三菱系企業グループの結集に尽力。また経済団体連合会(現、日本経済団体連合会)顧問などを務めた。[杉山和雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加藤武男の関連キーワード明石照男石井光雄伊藤謙二小笠原光雄河上弘一串田万蔵酒井杏之助津山英吉古川進守分十

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone