コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤武男 かとう たけお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤武男 かとう-たけお

1877-1963 大正-昭和時代の銀行家。
明治10年6月5日生まれ。池田成彬(しげあき)の義弟。明治34年三菱合資にはいり,大正8年三菱銀行の発足とともに常務となる。昭和18年頭取に就任,三菱財閥をになった。戦後,公職追放解除後は,経団連顧問,日銀参与,全国銀行協会連合会会長。昭和38年10月17日死去。86歳。栃木県出身。慶応義塾卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加藤武男
かとうたけお
(1877―1963)

三菱(みつびし)財閥のリーダー。栃木県の庄屋(しょうや)の長男に生まれる。1901年(明治34)慶応義塾大学を卒業し、三菱合資会社銀行部に入社。1919年(大正8)銀行部の改組に伴い三菱銀行の常務取締役となり、1938年(昭和13)同行会長に就任。1943年には株式会社三菱本社の取締役理事となる。三菱系主要企業の役員をも兼務し、財閥の指導者的存在として活躍した。第二次世界大戦後は三菱系企業グループの結集に尽力。また経済団体連合会(現、日本経済団体連合会)顧問などを務めた。[杉山和雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

加藤武男の関連キーワード昭和時代銀行家

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android