コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労農救援会 ろうのうきゅうえんかい

1件 の用語解説(労農救援会の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ろうのうきゅうえんかい【労農救援会】

社会運動の犠牲者や自然災害などをうけた労働者・農民の救援を目的とする組織。1927年の野田醬油争議を直接の契機に,超党派的大衆団体として28年4月,解放運動犠牲者救援会が結成された(会長安部磯雄)。結成直前の三・一五事件,翌年の四・一六事件とつづく日本共産党弾圧事件のなかで同会は左翼系活動家によって担われるようになり,30年8月日本赤色救援会と改称,国際赤色救援会MOPR(モツプル)(Mezhdynarodnaya organizatsiya pomoshchi bortsam revolyutsiiの略)に加盟した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

労農救援会の関連キーワード自然災害社会運動トリム犠牲者人為災害大災害生まれながらの犠牲者戦争の犠牲者阪神大震災の犠牲者と外国人リビアの犠牲者

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone