コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野田醤油争議(読み)のだしょうゆそうぎ

百科事典マイペディアの解説

野田醤油争議【のだしょうゆそうぎ】

千葉県野田の野田醤油会社(現キッコーマン)で起きた争議。1927年4月労働組合賃上げを要求したが交渉は決裂。会社が露骨な組合切りくずしを始めたため,9月からストに突入。会社はスト参加者1047名全員を解雇,町の諸機関,警察,暴力団を利用して弾圧を開始。組合は総同盟(日本労働総同盟)の全面指導下に闘争を展開,児童の同盟休校,争議団副団長の直訴事件などでセンセーションを起こした。216日間のストライキ(戦前最長)の末,1928年4月に300人の再雇用などで決着したが,野田における総同盟の組織は壊滅した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android