コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝鬘経義疏 しょうまんぎょうぎしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勝鬘経義疏
しょうまんぎょうぎしょ

聖徳太子の著作。1巻。推古 19 (611) 年著との説がある。聖徳太子は,これを含めて『維摩経義疏』『法華経義疏』のいわゆる『三経義疏』を著わしたが,本書の著述が最も古いとされる。大乗仏教の重要な経典で,在家仏教思想,如来蔵思想を説く『勝鬘経』に対する注釈書である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうまんぎょうぎしょ〔シヨウマンギヤウギシヨ〕【勝鬘経義疏】

勝鬘経の注釈書。1巻。三経義疏の一で、聖徳太子著と伝えられる。成立年未詳。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうまんぎょうぎしょ【勝鬘経義疏】

一巻、または三巻。聖徳太子著という。勝鬘経の注釈書。三経義疏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

勝鬘経義疏の関連キーワード花山 信勝法華義疏花山信勝一巻得清

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android