勤続給(読み)きんぞくきゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勤続給
きんぞくきゅう

基本給を構成する給与の一つで,勤続年数に応じて支払われる賃金。日本の年功序列型賃金の典型といえるもので,企業内定着率を高め,労務費の安定をもたらす効果がある。年功とともにかつては熟練度を反映する目安ともなったが,技術革新の進展とともに勤続年数と職務能力とが必ずしも対応しなくなり,職務給職能給との組合せで利用されるにいたっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勤続給
きんぞくきゅう

勤続期間が増すごとに一定額を自動的に付加していく賃金で、勤続1年につき何円という形で支給される。1年当りの支給額は勤続年数に関係なく定額とする場合と、勤続年数によって差をつける場合とがある。学歴給、年齢給などとともに属人給を構成し、基本給の算定要素として位置づけられている。労働者の企業に対する貢献度を勤続期間を基準にして算定、支給する、いわば勤続功労金としての内容は、定期昇給方式という形態と相まって労働者を企業に引き留め、企業主義を醸成する効果をもつことから、終身雇用とともに年功制度の重要な支柱として機能してきたが、職務給、職能給が拡大するなかで、しだいにその比重は低下してきている。近年の定年延長の動きとも絡んで、一定年齢、一定勤続年数以降は加算額を低減させたり、据え置く方式をとる企業が増大している。[横山寿一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android