コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勧学田 かんがくでん

4件 の用語解説(勧学田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勧学田
かんがくでん

平安時代,学問を奨励するため,大学寮,典薬寮,陰陽寮などに加賜して学生の費用に供した田地。天平宝字1 (757) 年大学寮に 30町,他寮に各 10町の公廨田 (くがいでん) が供されたのが実質的な始りだが,勧学田と呼ばれたのは延暦 13 (794) 年 130町あまりが大学寮に加賜されたときであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かんがく‐でん〔クワンガク‐〕【勧学田】

平安時代、大学寮典薬寮陰陽寮(おんようりょう)などの学生の、食料・費用などをまかなうために設けられた田。学田。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かんがくでん【勧学田】

日本古代の律令制下で,大学の学生に食料を支給するために設けられた田地。《延喜式》によると不輸租田であり,賃租によって得た地子をその料にあてていた。757年(天平宝字1)奨学のため大学寮30町,雅楽寮・陰陽寮・典薬寮各10町,内薬司8町の公廨(くがい)田を置いたのにはじまるが,794年(延暦13)にいたりこの中の大学寮田30町に越前国加賀郡の大伴家持の没官田102町余を加え勧学田と称したのが正確な起源である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんがくでん【勧学田】

平安時代、大学寮などの学生の衣食の料をまかなうために設けられた田。学田。 → 学料田

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勧学田の関連キーワード大学寮明法道学士挙試考試旬の試帖試雑任食料援助筑波大学の学生宿舎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone