コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勧学田 かんがくでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勧学田
かんがくでん

平安時代,学問を奨励するため,大学寮典薬寮陰陽寮などに加賜して学生の費用に供した田地。天平宝字1 (757) 年大学寮に 30町,他寮に各 10町の公廨田 (くがいでん) が供されたのが実質的な始りだが,勧学田と呼ばれたのは延暦 13 (794) 年 130町あまりが大学寮に加賜されたときであった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんがくでん【勧学田】

日本古代の律令制下で,大学の学生に食料を支給するために設けられた田地。《延喜式》によると不輸租田であり,賃租によって得た地子をその料にあてていた。757年(天平宝字1)奨学のため大学寮30町,雅楽寮・陰陽寮・典薬寮各10町,内薬司8町の公廨(くがい)田を置いたのにはじまるが,794年(延暦13)にいたりこの中の大学寮田30町に越前国加賀郡の大伴家持の没官田102町余を加え勧学田と称したのが正確な起源である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんがくでん【勧学田】

平安時代、大学寮などの学生の衣食の料をまかなうために設けられた田。学田。 → 学料田

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

勧学田の関連キーワード平安時代育英制度学料田雑色田

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android