コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化学加工 かがくかこう

百科事典マイペディアの解説

化学加工【かがくかこう】

金属加工物を酸,アルカリなどの加工液に浸漬して表面を化学的に溶解除去する加工法の総称。プリント配線航空機部品の製作などに利用。非常にかたい材料にも適用できるのが特色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かがくかこう【化学加工 chemical machining】

被加工物の表面の一部を防食膜で覆い,露出した部分を溶解して目的の形状に成形する加工法。表面の平滑化と光沢の付与を目的とした化学研磨と原理は同じである。薄板からの部品の加工,プリント配線,航空機部品などの複雑な三次元形状部品の加工に利用されている。腐食液としては各種の酸やアルカリ溶液が用いられるが,その選択は被加工物の材質,加工後の表面状態,使用する防食膜の種類などによって決定される。一般に用いられる防食膜は,ビニル系,ネオプレン系,ブチル系のものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

化学加工
かがくかこう
chemical machining

化学薬品の溶解作用を利用して金属の表面や形状を希望の状態や寸法に加工すること。電解研摩化学研摩エッチングetching、ケミカルミーリングchemical milling、電解加工などを含む。電解研摩と化学研摩とは、研摩液中で金属表面を均一に溶解して表面の平滑化と光沢化とを同時に得る方法である。エッチングとケミカルミーリングとでは、化学薬品によって金属表面に希望の図案を食刻したり、あるいは金属素材を希望の形状、寸法になるように腐食する。電解加工では、外部電源を用いた強制的電気化学的溶解作用を金属素材上の一部分に集中させ、その部分を順次移動させることによって素材を希望の形状、寸法に成形する。これらの化学加工法に共通する特徴は、機械加工が困難な超硬材や極軟材をも加工しうること、加工部に機械的ひずみが残らないこと、きわめて微細かつ精密な加工も可能なこと、などである。[杉本克久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

化学加工の関連情報