コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化学研磨

百科事典マイペディアの解説

化学研磨【かがくけんま】

硫酸,硝酸,塩酸などの混合溶液に,銅,ニッケル,アルミニウムなどを短時間浸漬して,表面の平滑化やつや出しをする表面処理法。キリンス仕上げと呼ばれた銅・黄銅のめっき下地処理が代表例。
→関連項目化学加工研磨

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かがくけんま【化学研磨 chemical polishing】

金属表面処理の素地調整のための工程には,(1)研削(形をととのえる),(2)清浄(脱脂など表面よごれの除去),(3)研磨(表面の平滑化,光沢化)の3段の工程があるが,化学薬品を用いるものには,それぞれ,(1)エッチング(ケミカルミーリング),(2)酸洗,(3)化学研磨および電解研磨と呼ばれるものがある。化学研磨はおもに表面の光沢化を目的として用いられる。被研磨材料を仕上げ目的に合わせた化学研磨液中に数秒ないし数分浸漬したのち,水洗,中和して仕上げる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

化学研磨の関連キーワードシリコン・プロセス技術メタリン酸工作機械リン酸

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android