コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化学特異星 カガクトクイセイ

2件 の用語解説(化学特異星の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かがく‐とくいせい〔クワガク‐〕【化学特異星】

外層大気の化学組成の違いによって通常の恒星と異なるスペクトルを示す特異星の一種。ある特定の元素の輝線や吸収線が見られ、強い磁場をもつものもある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

化学特異星
かがくとくいせい
chemically peculiar star

スペクトル型A型星を中心にそのスペクトルに異常を示す星。その異常性は、特定の元素組成が過剰であったり、強い磁場を示すことであったりする。これらの星は、一般に光の放射圧による拡散過程と磁場の組み合わせにより説明されることが多く、化学特異星(CP星)とよばれている。それらのスペクトルの特徴に基づき、プレストンGeorge PrestonによってCP1(金属線星、Am)、CP2(A型特異星、Ap)、CP3(水銀・マンガン星、HgMn)、CP4(弱ヘリウム星、He-weak)の四つに分類された。
 CP1星は、カルシウムあるいはスカンジウムが弱いが、重金属線が強い。自転速度は小さく有効温度は7000から10000Kに分布する。CP2(Ap星)は、強い磁場が特徴でケイ素、クロム、ストロンチウム、ユウロピウムの組成が過多である。やはり自転速度は遅く有効温度は7000から14000Kに分布する。この星は磁変星(magnetic variable)ともよばれ、恒星面が数百ガウスから数万ガウスの磁場に覆われている。そのほとんどの磁場強度が数時間から数年の尺度で時間変化を示すのでこの名がある。1946年にヘール天文台のバブコックがゼーマン効果を利用したスペクトル線観測で発見した。磁場の磁極と自転軸の極がずれた斜回転星モデルにより、スペクトル線の強度や磁場の強度の変動がよく説明されている。代表的なものにりょうけん座α(アルファ)2星がある。CP3は、古くはCP2と同じ分類であったが、強い磁場を示さず、スペクトルも時間変化を示さない。名前のように水銀とマンガンの吸収線が強い。自転速度はさらに小さく、有効温度は10000から14000Kに分布する。CP4は、同じスペクトル型の星に比べてヘリウム線が弱い星である。[小平桂一・安藤裕康]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学特異星の関連キーワードカリ長石大気光化学組成一致熔融等化学系列変成岩の化学組成ハプロ松脂岩ボルセナイト花崗岩質安山岩フォークト‐ラッセルの定理

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone