コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北ドビナ川 きたドビナがわ reka Severnaya Dvina

2件 の用語解説(北ドビナ川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北ドビナ川
きたドビナがわ
reka Severnaya Dvina

ロシア北西部,アルハンゲリスク州を流れる川。全長 744km。流域面積 35万 7000km2ボログダ北方のクベンスコエ湖から北東流してくるスホナ川とセーベルヌイエウバルイ丘陵西部から北流してくるユーグ川が,ボログダ州北東端部のベリーキーウスチュグ付近で合流して北ドビナ川となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北ドビナ川
きたどびながわ
Северная Двина Severnaya Dvina 

ロシア連邦の北西部を流れる河川。ボルガ水系との分水界となる北ウラル丘陵に源を発するスホナ川とユク川とが、ベリキー・ウスチューク市で合流して北ドビナ川となる。コトラス市で東からブイチェグダ川をあわせ、北流してアルハンゲリスクで白海に注ぐ。延長744キロメートル(スホナ川を含めると1302キロメートル)、流域面積35万7000平方キロメートル。流域には湿地帯が広がり、河口には面積約900平方キロメートルの三角州を形成する。10月下旬から5月上旬までは結氷するが、夏季は木材の運搬に利用されている。[村田 護]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北ドビナ川の関連キーワードアルハンゲリスクАрхангельскアルハンゲリスキー寺院アルハンゲリスキー大聖堂Энгельсオルハンガーズィモスクソロベツキー諸島北ドビナ[川]フランツ・ヨシフ[諸島]アルハンゲリスキー聖堂

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone