コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北ドビナ川 きたドビナがわreka Severnaya Dvina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北ドビナ川
きたドビナがわ
reka Severnaya Dvina

ロシア北西部,アルハンゲリスク州を流れる川。全長 744km。流域面積 35万 7000km2。ボログダ北方のクベンスコエ湖から北東流してくるスホナ川とセーベルヌイエウバルイ丘陵西部から北流してくるユーグ川が,ボログダ州北東端部のベリーキーウスチュグ付近で合流して北ドビナ川となる。初め北流,コトラスで右岸にブイチェグダ川を合せたのち北西流し,白海のドビナ湾に注ぐ。河口には三角州 (面積 900km2) が発達し,その頂点にアルハンゲリスク,西にセベロドビンスクがある。 10月下旬~5月上旬は結氷。ヨーロッパロシア北部の重要な水上交通幹線で,スホナ川,クベンスコエ湖,北ドビナ運河を経由して,ボルガ=バルト水路と連絡する。木材流送も盛んに行われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北ドビナ川
きたどびながわ
Северная Двина Severnaya Dvina 

ロシア連邦の北西部を流れる河川。ボルガ水系との分水界となる北ウラル丘陵に源を発するスホナ川とユク川とが、ベリキー・ウスチューク市で合流して北ドビナ川となる。コトラス市で東からブイチェグダ川をあわせ、北流してアルハンゲリスクで白海に注ぐ。延長744キロメートル(スホナ川を含めると1302キロメートル)、流域面積35万7000平方キロメートル。流域には湿地帯が広がり、河口には面積約900平方キロメートルの三角州を形成する。10月下旬から5月上旬までは結氷するが、夏季は木材の運搬に利用されている。[村田 護]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

北ドビナ川の関連キーワードセーベルヌイエウバルイ丘陵ベリーキーウスチュグペルボマイスキーサモイェード語派北ドビナ[川]キエフ大公国ボルガ川ドビナ湾バーガ川ピネガ川ボログダコミ族村田