コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北九州工業地帯 きたきゅうしゅうこうぎょうちたい

7件 の用語解説(北九州工業地帯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北九州工業地帯
きたきゅうしゅうこうぎょうちたい

九州の北部にある日本の四大工業地帯の1つ。北九州市を中心に,福岡市,久留米市,山口県の一部に延びる。広義には福岡,佐賀,長崎,大分の諸県の工業地域を含める。交通の便にも恵まれて臨海重化学工業地域として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

北九州工業地帯

1901年操業開始の官営八幡製鉄所を中心に筑豊の石炭を生かして鉄鋼業などが発展。京浜、中京、阪神と並ぶ四大工業地帯として知られ、50年代には全国工業品出荷額の5%程度を占めた。だが、今では鉄鋼業の縮小などで3%を切り、瀬戸内工業地域(広島、山口、愛媛県など)や京葉工業地域(千葉県)も下回る。最近の小中学校の教科書では北九州をはずして「三大工業地帯」と記述する例も出てきた。ただし、北九州市の小中学校が採用する教科書では、今も京浜や中京などと同格の「工業地帯」の一角を占めている。

(2007-05-02 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きたきゅうしゅう‐こうぎょうちたい〔きたキウシウコウゲフチタイ〕【北九州工業地帯】

北九州市を中心に、福岡久留米大牟田(おおむた)、また山口県にかけての工業地帯。かつては石炭関連工業が、現在は鉄鋼・金属・化学工業が発達。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

北九州工業地帯【きたきゅうしゅうこうぎょうちたい】

九州北部にある日本の大工業地帯の一つ。一般には北九州市の関門海峡から洞海湾に至る臨海重化学工業地帯をいう。城下町の小倉以外は小農漁村の点在する地域であったが,明治20年代に筑豊炭田の開発と,石炭積出港の門司港,若松港の整備が行われた。
→関連項目福岡[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きたきゅうしゅうこうぎょうちたい【北九州工業地帯】

福岡県北東部,北九州市の臨海部にある工業地帯。関門海峡から洞海湾の奥まで東西約30kmに及ぶ。範囲については広狭種々の考え方があるが,上記は最狭義かつ最も普通の用法である。日清戦争後の鉄鋼自給政策で官営八幡製鉄所(現,新日本製鉄八幡製鉄所)が建設(1901操業開始)されてから,この地域は急激に工業化した。一漁村にすぎなかった八幡が製鉄所建設地に選ばれたのは,中国からの鉄鉱石と背後の筑豊の石炭とを結びつけるのに好適な洞海湾岸に位置していたからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きたきゅうしゅうこうぎょうちたい【北九州工業地帯】

北九州市を中心とする福岡県北東部の臨海部にある工業地帯。関門海峡から洞海湾奥にかけての東西30キロメートルに及ぶ。重化学工業が中心。現在は、ハイ-テク工場を中心とした新しい工業地域が建設されている。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北九州工業地帯
きたきゅうしゅうこうぎょうちたい

福岡県北東部、関門海峡から洞海(どうかい)湾の奥にかけて東西約30キロメートルにわたり北九州市臨海部に広がる工業地帯。その範域は北九州市を中心に、福岡市、久留米(くるめ)市、大牟田(おおむた)市から山口県西部まで拡大したり、北部九州全域をあてる場合もあるが、北九州市の範域に限定するのがもっとも一般的かつ狭義の定義である。
 その立地条件は筑豊(ちくほう)炭田の存在がもっとも大きく、その石炭と中国大陸の鉄鉱石を利用して官営八幡(やはた)製鉄所(現新日鉄住金)が建設されたことが、その後の諸工場立地の有利な条件となった。しかし、筑豊炭田の衰退、素材工業への偏りが、近年では新しい工場立地にとって有利とはいえず、工業地帯としての地位は低下している。
 成立過程をみると、明治中期の筑豊炭田の本格的開発と、石炭輸送港である門司(もじ)・若松(わかまつ)両港の整備とがその発端となった。その後、日清(にっしん)戦争後の鉄鋼自給政策に基づく官営八幡製鉄所が1901年(明治34)操業を開始してから本格的な工業化が進展し始めた。製鉄所の相次ぐ拡張に伴い、製鉄所に直結した耐火れんが・コークス・化学・鉄鋼・セメントなどの生産財生産を中心とした関連工場や、炭鉱向けの機械・電気機器工業、さらには食料品・木材などの消費財工業も発達し、第一次世界大戦ごろには工業地帯の輪郭が完成、四大工業地帯の一つとしての地位を築いた。第二次世界大戦により大きな打撃を受けたが、鉄鋼業を中心に朝鮮戦争を機に復興を遂げて現在に至っている。
 本工業地帯の特徴は、鉄鋼業を中心とする素材型の重化学工業が卓越していることで、しかもそれらが国家や中央資本の投下による特定大工場を中心に展開されたため、地元資本による企業の成長が遅れ、先進工業地帯に対する原料素材の供給基地的性格が強い。北九州市の製造品出荷額の過半が、新日鉄住金、三菱(みつびし)化学、新日鉄住金化学など数社によって占められていることからもその特徴がよくわかる。2006年(平成18)における北九州市工業の状況をみると、工場数1172工場、従業者数5万0140人、製造品出荷額1兆8413億円で、全国出荷額の0.6%を占める。その内訳は、鉄鋼業が工場数で6.0%、従業者数で16.3%、製造品出荷額で40.2%となり、以下化学工業がそれぞれ3.4%、5.8%、11.2%、一般機械工業が14.2%、13.8%、11.7%と、重化学工業の比重が高く、かつ大企業の多いことが示される。
 本工業地帯の全国における位置づけをみるために福岡県の出荷額をみてみると、1935年(昭和10)には全国出荷額の8.2%を占めていたが、第二次世界大戦後その比重は低下し、1950年(昭和25)に5.6%、2006年(平成18)には2.6%となり、福岡県出荷額に占める北九州市の比重も23.7%と低下してきた。これは、エネルギー革命によって筑豊炭田が衰退したこと、中国貿易の途絶、素材型工業への偏重のために加工型の機械工業が不振であったこと、用地・用水・輸送などの産業基盤が悪化したことなどが原因である。1963年に実現した5市合併も、このような工業地帯の停滞を解消することが目的の一つであった。
 産業基盤整備のために周防灘(すおうなだ)側の新門司臨海工業用地508ヘクタールと、響灘(ひびきなだ)臨海工業用地1387ヘクタールが埋め立てられたが、新規企業の立地はさほど進んでいない。なお従来洞海湾沿岸を中心に大気汚染が進み喘息(ぜんそく)患者が多く、洞海湾も「死の海」といわれるほど水質汚濁が著しかった。そのほか騒音、振動、悪臭などの公害が激しかったが、近年では防止対策が行われ、改善が進行してきた。主要工場の分布をみると、臨海部に集中し門司区にはニッカウヰスキー、関門製糖、小倉北区には東芝、TOTO、新日鉄住金小倉、戸畑区には新日鉄住金、新日鉄住金化学、日本水産、旭硝子(あさひガラス)、八幡東区には新日鉄住金、八幡西区には三菱化学、安川電機、三菱マテリアル、黒崎播磨(はりま)、若松区には日立金属若松などの大企業の工場が多数立地している。[石黒正紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北九州工業地帯の関連情報