コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北九州監禁殺人事件 きたきゅうしゅうかんきんさつじんじけん

2件 の用語解説(北九州監禁殺人事件の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

北九州監禁殺人事件

1996年から98年にかけて北九州市マンションで起こった監禁・連続殺人事件。男女7人が死亡した。犯人は松永太と、内縁関係にあった緒方純子で、2人は96年に同居していた緒方の母(当時58歳)、妹夫婦とその子ども2人(当時10歳と5歳)を殺害し、緒方の父親(当時61歳)も虐待の上殺害した。緒方の両親や妹一家は、当初は松永が金づるとして利用していた。しかし、金銭的な利用価値がなくなると、口封じも兼ねて次々と殺害していったとみられている。更に少女(当時17歳)を監禁し、その父親(当時34歳)を殺害した。また松永は別の女性も監禁、傷害、強盗、詐欺などをした。事件は被害にあった少女がマンションから逃げ出し、助けを求めたことで発覚。遺体は解体され海に捨てられるなどして証拠がなく、捜査は難航した。
松永は一審、二審でも死刑判決を受け上告していたが、2011年12月の最高裁判決の上告審判決で、宮川光治裁判長は「犯行を主導し、刑事責任は重大極まりない」と被告の上告を棄却、死刑が確定した。一方、緒方は一審で死刑判決を受けたが、二審では無期懲役の判決を受けていた。検察側は最高裁に上告したが、最高裁はそれを棄却。犯した罪は重大だが、松永から虐待を受け逆らえない状況だった点や、捜査の途中からは積極的に自白をした点、反省している点などを考慮して「極刑を選択しがたく、無期懲役の量刑が著しく不当だとはいえない」との理由で無期懲役が確定した。

(金廻寿美子  ライター / 2012年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

北九州監禁殺人事件

2002年3月、北九州市のマンションから当時17歳の女性が逃げ出して発覚。松永太(49)、緒方純子(48)の両被告が1996年から、男女9人を監禁し、女性の父や緒方被告の親族の計7人を殺害したとされる。両被告は殺人罪などに問われ一審は死刑となったが、二審は松永被告に死刑、緒方被告を無期懲役とした。松永被告は上告。緒方被告については検察が上告した。

(2010-07-09 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

北九州監禁殺人事件の関連キーワード運転注意力モニタ MDAS地球温暖化夫婦別姓来栖あつこDAIZO門倉有希三菱 ギャラン日産ディーゼル コンドル沖縄基地問題オリーブの木

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone