コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北九州監禁殺人事件 きたきゅうしゅうかんきんさつじんじけん

2件 の用語解説(北九州監禁殺人事件の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

北九州監禁殺人事件

1996年から98年にかけて北九州市マンションで起こった監禁・連続殺人事件。男女7人が死亡した。犯人は松永太と、内縁関係にあった緒方純子で、2人は96年に同居していた緒方の母(当時58歳)、妹夫婦とその子ども2人(当時10歳と5歳)を殺害し、緒方の父親(当時61歳)も虐待の上殺害した。緒方の両親や妹一家は、当初は松永が金づるとして利用していた。しかし、金銭的な利用価値がなくなると、口封じも兼ねて次々と殺害していったとみられている。更に少女(当時17歳)を監禁し、その父親(当時34歳)を殺害した。また松永は別の女性も監禁、傷害、強盗、詐欺などをした。事件は被害にあった少女がマンションから逃げ出し、助けを求めたことで発覚。遺体は解体され海に捨てられるなどして証拠がなく、捜査は難航した。
松永は一審、二審でも死刑判決を受け上告していたが、2011年12月の最高裁判決の上告審判決で、宮川光治裁判長は「犯行を主導し、刑事責任は重大極まりない」と被告の上告を棄却、死刑が確定した。一方、緒方は一審で死刑判決を受けたが、二審では無期懲役の判決を受けていた。検察側は最高裁に上告したが、最高裁はそれを棄却。犯した罪は重大だが、松永から虐待を受け逆らえない状況だった点や、捜査の途中からは積極的に自白をした点、反省している点などを考慮して「極刑を選択しがたく、無期懲役の量刑が著しく不当だとはいえない」との理由で無期懲役が確定した。

(金廻寿美子  ライター / 2012年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

北九州監禁殺人事件

2002年3月、北九州市のマンションから当時17歳の女性が逃げ出して発覚。松永太(49)、緒方純子(48)の両被告が1996年から、男女9人を監禁し、女性の父や緒方被告の親族の計7人を殺害したとされる。両被告は殺人罪などに問われ一審は死刑となったが、二審は松永被告に死刑、緒方被告を無期懲役とした。松永被告は上告。緒方被告については検察が上告した。

(2010-07-09 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北九州監禁殺人事件の関連キーワード北九州市北九州市立大学小倉北九州空港和布刈の神事北九州市立松本清張記念館北九州国際技術協力協会(KITA)北九州市監禁殺人事件北九州八幡東病院北九州市の新サッカースタジアム計画

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone