コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北会津 きたあいづ

2件 の用語解説(北会津の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北会津
きたあいづ

福島県西部,会津若松市北西部の旧村域。会津盆地の中央に位置する。 1956年荒館村と川南村が合体して北会津村が成立。 2004年会津若松市に編入。ほぼ全域が平地で,水田地帯。会津の米どころとして知られてきたが,リンゴブドウなどの果樹栽培,ハウス栽培による花卉,イチゴメロンなどの生産も多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北会津
きたあいづ

福島県西部、北会津郡にあった旧村名(北会津村(むら))。現在は会津若松(あいづわかまつ)市北会津町地区で市の西部に位置する。1956年(昭和31)荒館(あらたて)、川南(かわなみ)の2村が合併して成立、名称は郡名によった。2004年(平成16)会津若松市に編入。なお、この編入に伴い北会津郡は消滅した。JR只見(ただみ)線、国道401号が通じる。阿賀(あが)川(大川)と鶴沼(つるぬま)川(宮川)間の氾濫原(はんらんげん)にあり、阿賀川の旧河床(鶴沼川すなわち宮川沿岸)は江戸時代に開発された新田。水田単作地帯だが、近郊農業としてトマト、キュウリなどの野菜、花卉(かき)、果樹栽培も盛ん。[安田初雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北会津の関連キーワード福島県会津若松市飯盛福島県会津若松市上町福島県会津若松市追手町福島県会津若松市大町北会津〈村〉福島県会津若松市北会津町和泉福島県会津若松市北会津町下野福島県会津若松市北会津町舘福島県会津若松市北青木福島県会津若松市北滝沢

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北会津の関連情報