コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北会津 きたあいづ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北会津
きたあいづ

福島県西部,会津若松市北西部の旧村域。会津盆地の中央に位置する。 1956年荒館村と川南村が合体して北会津村が成立。 2004年会津若松市に編入。ほぼ全域が平地で,水田地帯。会津の米どころとして知られてきたが,リンゴやブドウなどの果樹栽培,ハウス栽培による花卉,イチゴ,メロンなどの生産も多い。また,精密機器や食品など製造業関連の工場も進出している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北会津
きたあいづ

福島県西部、北会津郡にあった旧村名(北会津村(むら))。現在は会津若松(あいづわかまつ)市北会津町地区で市の西部に位置する。1956年(昭和31)荒館(あらたて)、川南(かわなみ)の2村が合併して成立、名称は郡名によった。2004年(平成16)会津若松市に編入。なお、この編入に伴い北会津郡は消滅した。JR只見(ただみ)線、国道401号が通じる。阿賀(あが)川(大川)と鶴沼(つるぬま)川(宮川)間の氾濫原(はんらんげん)にあり、阿賀川の旧河床(鶴沼川すなわち宮川沿岸)は江戸時代に開発された新田。水田単作地帯だが、近郊農業としてトマト、キュウリなどの野菜、花卉(かき)、果樹栽培も盛ん。[安田初雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

北会津の関連キーワード福島県会津若松市会津若松(市)新編会津風土記古津八幡山遺跡会津若松[市]北会津[村]北会津〈村〉横光 利一後藤宙外岩代国真渡瓜

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北会津の関連情報