コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北庭都護府 ホクテイトゴフ

4件 の用語解説(北庭都護府の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほくてい‐とごふ【北庭都護府】

中国唐代、西突厥(とっけつ)経略を目的として置かれた機関。702年に東部天山の北麓ビシバリクに設置、790年に、吐蕃(とばん)により陥落。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほくていとごふ【北庭都護府】

中国、唐の六都護府の一。702年庭州(ウルムチ付近)に設置、安西都護府と並ぶ西域経略の拠点。790年頃吐蕃とばんに奪われた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北庭都護府
ほくていとごふ

都護府」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北庭都護府
ほくていとごふ

中国、唐帝国の辺防統治機関六都護府の一つ。安西(あんせい)都護府とともに西域(せいいき)経略にあたったが、主要な任務は天山山脈以北の西突厥(にしとっけつ)諸族の統轄にあった。702年に設置され、のち長官の都護は節度使(せつどし)を兼ね、軍鎮としても充実が図られたが、790年吐蕃(とばん)によって陥落した。しかし、唐の力が直接天山山脈以北のステップ・ルートに及んだ意義は大きい。その治所については、天山山脈東部北麓(ほくろく)のジムサル近郊の遺跡とする説が有力である。[白須浄眞]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の北庭都護府の言及

【ビシュバリク】より

…現在のジムサJimsa(斉木薩爾)の北約12kmの〈北庭故城〉遺跡は唐の金満県で,元代の遺物も出土する。その西側のウイグル時代の仏教寺院遺跡からみても,唐代の北庭都護府,その後の北庭などがビシュバリクにあたるとする説が一般的となっている。【梅村 坦】。…

※「北庭都護府」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone