コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北畠師重(読み)きたばたけもろしげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北畠師重
きたばたけもろしげ

[生]文永7(1270)
[没]元亨2(1322).1.13.
鎌倉時代末期の廷臣。親房の父。正二位権大納言にまで進んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北畠師重 きたばたけ-もろしげ

1270-1322 鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人。
文永7年生まれ。北畠師親(もろちか)の子。北畠親房(ちかふさ)の父。正二位,権(ごんの)大納言。徳治(とくじ)2年後宇多(ごうだ)上皇が出家したおりに仏門にはいった。「玉葉和歌集」「続千載和歌集」などに和歌をのこしている。元亨(げんこう)2年1月13日死去。53歳。法名は経覚,または源覚,深覚。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android