コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北畠師重 きたばたけもろしげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北畠師重
きたばたけもろしげ

[生]文永7(1270)
[没]元亨2(1322).1.13.
鎌倉時代末期の廷臣。親房の父。正二位権大納言にまで進んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北畠師重 きたばたけ-もろしげ

1270-1322 鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人。
文永7年生まれ。北畠師親(もろちか)の子。北畠親房(ちかふさ)の父。正二位,権(ごんの)大納言。徳治(とくじ)2年後宇多(ごうだ)上皇が出家したおりに仏門にはいった。「玉葉和歌集」「続千載和歌集」などに和歌をのこしている。元亨(げんこう)2年1月13日死去。53歳。法名は経覚,または源覚,深覚。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

北畠師重の関連キーワードルイルイ松浦荘フランス史(年表)宝塚音楽学校旧校舎イスラム教への冒涜罪詠歌一体旧新シナゴーグ朱子語類日原鍾乳洞

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android