匝瑳市(読み)そうさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

匝瑳〔市〕
そうさ

千葉県北東部,九十九里平野北部の市。 2006年八日市場市と野栄町が合体し匝瑳市となる。大利根用水の完成によって田畑の生産力が向上し,米,タバコ,サツマイモ多産,またトマト,ピーマン,ナス,メロンなどの園芸農業や養豚も盛ん。マキ (槇) など植木も多く生産される。飯高寺 (講堂,鐘楼,鼓楼総門) は国指定重要文化財。海岸部には野手浜,今泉浜,堀川浜などの海水浴場があり,九十九里県立自然公園に属する。市の中心部を JR総武本線と国道 126号線が横断し,成田方面とは国道 296号線で結ばれている。面積 101.52km2。人口 3万7261(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

匝瑳市の関連情報