コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八日市場 ようかいちば

4件 の用語解説(八日市場の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八日市場
ようかいちば

千葉県北東部,匝瑳市北部の旧市域。九十九里平野北部にある。 1954年八日市場町と豊栄村,須賀村,匝瑳村,豊和村,吉田村,飯高村,共興村,平和村,椿海村の9村が合体して市制。 2006年野栄町と合体して匝瑳市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ようかいちば〔やうかいちば〕【八日市場】

千葉県北東部にあった市。九十九里平野北部の市場町として発展。平成18年(2006)1月、野栄町と合併して匝瑳(そうさ)市となった。→匝瑳

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ようかいちば【八日市場】

千葉県匝嵯そうさ市の地名。近世、市場町として発展。大利根用水の完成で、農業が盛ん。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八日市場
ようかいちば

千葉県北東部にあった旧市名(八日市場市)。現在は匝瑳(そうさ)市の北部を占める地域。九十九里平野北部に位置する。1954年(昭和29)八日市場町と豊栄(とよさか)、須賀(すか)、匝瑳、豊和(とよわ)、吉田、飯高(いいだか)、共興(きょうこう)、平和、椿海(ちんかい)の9村が合併して市制施行。2006年(平成18)匝瑳郡野栄町と合併し、匝瑳市となった。旧市域は中央部をJR総武(そうぶ)本線と国道126号、296号が通じる。北部には貝塚が多く、縄文時代の丸木舟(県指定文化財)も発見された。古代、南条荘(しょう)、北条荘、千田(ちだ)荘に属し、中世は千葉氏の一族匝瑳氏が治めた。16世紀後半、定期市(いち)が開設され、周辺農村を相手にした市場町として発展した。江戸時代に幕府直轄地、旗本領地となる。北東部は、1670年(寛文10)に、当時湾入であった椿海(つばきうみ)を干拓して水田に変え「干潟(ひかた)八万石」とよばれた地域の一角をなした。1951年完成した大利根(おおとね)用水によって九十九里平野の水田農業は安定し、現在米作を中心にマキなどの植木栽培、養豚、ゴボウ、ネギ、ミニトマトなどの野菜生産も盛んになり、セリやハス田も多い。成田国際空港に近く、八日市場工業団地や住宅地も造成され、新たな地域変化を遂げつつある。太平洋に面する海岸には海水浴場、国民宿舎、民宿があり、海水浴客のほか海釣りの客も多い。江戸時代に日蓮(にちれん)宗の学問所で飯高檀林とよばれた飯高(はんこう)寺の講堂、鐘楼、鼓楼、総門、長徳(ちょうとく)寺の絹本著色普賢延命(ふげんえんめい)像、同愛染明王(あいぜんみょうおう)像は国の重要文化財に指定されている。[山村順次]
『『八日市場市史』全2巻(1982~1987・八日市場市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八日市場の関連キーワード千葉県匝瑳市飯高千葉県匝瑳市小高千葉県匝瑳市川辺千葉県匝瑳市新千葉県匝瑳市高千葉県匝瑳市椿千葉県匝瑳市中台千葉県匝瑳市長谷千葉県匝瑳市登戸千葉県匝瑳市吉田

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

八日市場の関連情報