コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八日市場 ようかいちば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八日市場
ようかいちば

千葉県北東部,匝瑳市北部の旧市域。九十九里平野北部にある。 1954年八日市場町と豊栄村,須賀村,匝瑳村,豊和村,吉田村,飯高村,共興村,平和村,椿海村の9村が合体して市制。 2006年野栄町と合体して匝瑳市となった。近世に市場町として発展,八日市場木綿の産地としても知られた。明治以後,クワ園の拡大で養蚕業に転換,裁判所,郡役所が置かれ地方行政の中心地となった。大利根用水の完成によって田畑の生産力が向上し,米,タバコ,サツマイモを多産,また園芸農業,養豚も盛ん。マキ (槇) の植木栽培地としても知られる。飯高寺 (講堂,鐘楼,鼓楼,総門) は国指定重要文化財。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ようかいちば〔やうかいちば〕【八日市場】

千葉県北東部にあった市。九十九里平野北部の市場町として発展。平成18年(2006)1月、野栄町と合併して匝瑳(そうさ)市となった。→匝瑳

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ようかいちば【八日市場】

千葉県匝嵯そうさ市の地名。近世、市場町として発展。大利根用水の完成で、農業が盛ん。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八日市場
ようかいちば

千葉県北東部にあった旧市名(八日市場市)。現在は匝瑳(そうさ)市の北部を占める地域。九十九里平野北部に位置する。1954年(昭和29)八日市場町と豊栄(とよさか)、須賀(すか)、匝瑳、豊和(とよわ)、吉田、飯高(いいだか)、共興(きょうこう)、平和、椿海(ちんかい)の9村が合併して市制施行。2006年(平成18)匝瑳郡野栄町と合併し、匝瑳市となった。旧市域は中央部をJR総武(そうぶ)本線と国道126号、296号が通じる。北部には貝塚が多く、縄文時代の丸木舟(県指定文化財)も発見された。古代、南条荘(しょう)、北条荘、千田(ちだ)荘に属し、中世は千葉氏の一族匝瑳氏が治めた。16世紀後半、定期市(いち)が開設され、周辺農村を相手にした市場町として発展した。江戸時代に幕府直轄地、旗本領地となる。北東部は、1670年(寛文10)に、当時湾入であった椿海(つばきうみ)を干拓して水田に変え「干潟(ひかた)八万石」とよばれた地域の一角をなした。1951年完成した大利根(おおとね)用水によって九十九里平野の水田農業は安定し、現在米作を中心にマキなどの植木栽培、養豚、ゴボウ、ネギ、ミニトマトなどの野菜生産も盛んになり、セリやハス田も多い。成田国際空港に近く、八日市場工業団地や住宅地も造成され、新たな地域変化を遂げつつある。太平洋に面する海岸には海水浴場、国民宿舎、民宿があり、海水浴客のほか海釣りの客も多い。江戸時代に日蓮(にちれん)宗の学問所で飯高檀林とよばれた飯高(はんこう)寺の講堂、鐘楼、鼓楼、総門、長徳(ちょうとく)寺の絹本著色普賢延命(ふげんえんめい)像、同愛染明王(あいぜんみょうおう)像は国の重要文化財に指定されている。[山村順次]
『『八日市場市史』全2巻(1982~1987・八日市場市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

八日市場の関連キーワード朝比奈弥太郎(1)八日市場[市]千葉県匝瑳市勝又 豊次郎黒野田宿泰順長戸路 政司郡司 せい長戸路政司匝瑳(市)匝瑳[市]茨城(県)荒木田麗女楠音次郎総武本線下総台地椿海干拓高品 格樋柴智康加瀬 完坂田甚八

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八日市場の関連情報