医用高分子(読み)いようこうぶんし(英語表記)biomedical polymer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

医用高分子
いようこうぶんし
biomedical polymer

医学,歯学の分野で用いられる高分子の総称。材料としてはプラスチック,フィルム,ゴム,繊維などがあり,天然物と合成物とに分けられる。用途としては,使い捨て注射器などのディスポーザブル (使い捨て) 製品,人工腎臓などの人工臓器,形成外科などに用いられる体内補填物,絹糸などの縫合材料,医用接着剤,義歯床などの歯科材料などきわめて広い。医用高分子のそなえるべき条件として,滅菌ができること,生体への為害性 (毒性,発癌性,抗原性,催奇形性,刺激性,血液破壊性,血栓形成性など) がなくて生体適合性 biocompatibilityのよいものであることなどが必要である。高分子薬剤や医用固定化酵素なども一種の医用高分子といえよう。最近,進歩の著しいものの一つである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

化学辞典 第2版の解説

医用高分子
イヨウコウブンシ
medical polymer

医学,医療用に使われる高分子材料.医用高分子のなかで代用血管,人工心臓,人工食道,人工骨,人工血漿のように生体内部に使われる材料と,義歯,義眼のように生体外部で使われる材料とでは,材料として要求される条件が異なるが,一般に,
(1)化学的に不活性である,
(2)周囲に炎症を起こさず,異物反応がない,
(3)アレルギー反応がない,
(4)組織内で長期間機械的性質がかわらない,
ことが必要である.もっとも多く使われている医用高分子は軟質ポリ(塩化ビニル)であり,血液バック,体外循環用血液回路など,おもに生体外で一時的治療の目的に使われる.一方,長期間の体内埋め込み用としては,ポリ(メタクリル酸メチル)(コンタクトレンズ,歯科用樹脂など),ポリ(ジメチルシロキサン)(人工乳房,人工指関節,人工弁など),ポリ(テトラフルオロエチレン)(人工血管,人工靭帯など)があげられる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android