コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

医療制度改革(2002年) いりょうせいどかいかく/2002ねんいりょうせいどかいかく/にせんにねんいりょうせいどかいかく

1件 の用語解説(医療制度改革(2002年)の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

医療制度改革(2002年)

2002年7月に成立した健康保険法等改正、健康増進法に盛り込まれた医療制度の改革。主な内容は、(1)サラリーマンが加入する医療保険の本人負担を2割から3割に引き上げる(03年4月実施)、(2)サラリーマンの保険料を月額の報酬からボーナスを含めた総報酬制にし、政管健保の保険料は8.2%に実質引き上げる(03年4月実施)、(3)70歳以上の高齢者の自己負担を1割の完全定率制とし、現役並みの所得がある高齢者は2割とする(02年10月実施)、(4)高齢者医療のための老人保健制度は、対象年齢を70歳以上から75歳に5年間で段階的に引き上げ、公費負担も3割から5割に段階的に引き上げる(02年10月実施)、など。健康増進法は政府が掲げた健康づくり計画「健康日本21」を裏付けるもので、健康診査の全国標準化などを定めている。

(梶本章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

医療制度改革(2002年)の関連キーワード健康保険組合健康保険法保険医老人保健制度政府管掌健康保険協会けんぽ保険業法施行令肩代わり法失業した時の健康保険

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone