コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十七史 ジュウシチシ

とっさの日本語便利帳の解説

十七史

中国の歴史書。▽『史記』、『漢書』、『後漢書』、『三国志』、『晋書』、『宋書』、『南斉書』、『梁書』、『陳書』、『北魏書』、『北斉書』、『周書』、『南史』、『北史』、『隋書』、『新唐書』、『新五代史』

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅうしちし【十七史】

中国の一七の歴史書の総称。史記・漢書・後漢書・三国志・晋書・宋書・南斉書・梁書・陳書・魏書・北斉書・周書・南史・北史・隋書・新唐書・新五代史。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の十七史の言及

【正史】より

…正史の呼称は《隋書》経籍志に始まり,《史記》以前の編年体の史書を古史というのに対して使われた。10世紀以後,政府によって公認された特定の史書に正史の名が冠せられ,司馬遷の《史記》にはじまり欧陽修の《五代史記》に至る歴代17種の紀伝体歴史書を十七史とした。正史の数は時代が下るにつれ増え,明代二十一史,清では二十二史となったが,乾隆以後,《旧五代史》《旧唐書》を加えて二十四史,1922年大総統徐世昌は柯劭忞(かしようびん)の《新元史》を入れて二十五史とした。…

※「十七史」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

十七史の関連キーワード十七史商榷六十種曲十八史略汲古閣王鳴盛考証学