十二人の怒れる男

デジタル大辞泉プラスの解説

十二人の怒れる男

1957年製作のアメリカ映画原題《Twelve Angry Men》。シドニー・ルメットの映画監督デビュー作。監督:シドニー・ルメット、出演:ヘンリー・フォンダマーティンバルサム、ジョン・フィードラー、ジャック・ウォーデンほか。第30回米国アカデミー賞作品賞ノミネート。第7回ベルリン国際映画祭金熊賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうににんのいかれるおとこ【十二人の怒れる男 12 Angry Men】

1957年製作のアメリカ映画。先鋭的な舞台の演出家,そしてとくにテレビの生放送ドラマのディレクターとして知られていたシドニー・ルメットの初の映画演出作品で,レジナルド・ローズ脚本をルメット自身が演出したテレビドラマの映画化。主役ヘンリーフォンダが,ローズとともに製作を担当。父親を刺殺した容疑で起訴された少年にたいする評決をめぐって,ニューヨーク市民の中から任意に選ばれた12人の陪審員論議をかさね,予備投票による1対11の有罪から12対0の無罪へと評決が逆転する過程を克明に描く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の十二人の怒れる男の言及

【多数決】より

…そのためには,互いに説得し説得される可能性,すなわち,考え方の互換性が存在していなければならない。今日の統治機構のなかでの多数決の機能をみると,裁判過程における陪審の評決のように,事実の認定をめぐって,陪審員たちのあいだには,たとえ困難ではあっても互いに説得し説得される可能性が残されている場合もある(アメリカ映画《十二人の怒れる男》は,1対11だった判断の分布が,その1人の説得の努力によって12対0に逆転していく過程を描いている)。しかし,多数決の最も主要な舞台というべき議会の活動についてみるならば,かつてのように,〈財産と教養〉を基礎として基本的に同質の土俵に立ったうえで議員自身の意見をたたかわせる討論の場は消滅している。…

【フォンダ】より

…そのあとブロードウェーの《ミスター・ロバーツ》(1948)がヒットして続演をかさね,55年,その映画化でハリウッドへ復帰,さらにブロードウェーとテレビの出演をつづけながら,西部劇,喜劇,メロドラマ,戦争映画と多彩なジャンルで活躍して,78年にはアメリカ映画協会(AFI)の功労賞を受賞した。 西部の移住農民を通して30年代アメリカ社会の恥部を描いた《怒りの葡萄》,19世期末のネバダ州を舞台に反社会的なリンチを告発したウィリアム・A.ウェルマン監督《オックス・ボウ事件》(1943),現代アメリカの陪審制度による人権擁護を描いたシドニー・ルメット監督《十二人の怒れる男》(1957)をみずからの代表作として誇りにしていた。合計83本の映画に出演しながらアカデミー主演男優賞にノミネートされたのは《怒りの葡萄》でただ1度だけ。…

※「十二人の怒れる男」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android