コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千島・カムチャツカ海溝 ちしまカムチャツカかいこう

2件 の用語解説(千島・カムチャツカ海溝の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

千島・カムチャツカ海溝【ちしまカムチャツカかいこう】

カムチャツカ半島南東縁から千島列島に平行し北海道襟裳(えりも)岬南東沖に連なる海溝。長さ約2200km,平均幅120km。深海平たん面,火山弧,深発地震帯を伴う。
→関連項目タスカローラ海淵日本海溝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千島・カムチャツカ海溝
ちしまかむちゃつかかいこう

カムチャツカ半島東岸沖から千島列島南方沖―北海道南東岸沖にかけての海底に横たわる海溝。長さ約2200キロメートル、幅120キロメートル程度。南端は北海道襟裳(えりも)岬沖で日本海溝に連なる。深さは一般に南の部分で深く、9000メートルを超える地域もある。最深9550メートル(千島の新知(しんしる)島南東沖)とされている。この海溝の内側(陸側)は、地震活動が非常に活発な地域となっている。[勝又 護]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone