コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千島・カムチャツカ海溝 ちしまカムチャツカかいこう

2件 の用語解説(千島・カムチャツカ海溝の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

千島・カムチャツカ海溝【ちしまカムチャツカかいこう】

カムチャツカ半島南東縁から千島列島に平行し北海道襟裳(えりも)岬南東沖に連なる海溝。長さ約2200km,平均幅120km。深海平たん面,火山弧,深発地震帯を伴う。
→関連項目タスカローラ海淵日本海溝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千島・カムチャツカ海溝
ちしまかむちゃつかかいこう

カムチャツカ半島東岸沖から千島列島南方沖―北海道南東岸沖にかけての海底に横たわる海溝。長さ約2200キロメートル、幅120キロメートル程度。南端は北海道襟裳(えりも)岬沖で日本海溝に連なる。深さは一般に南の部分で深く、9000メートルを超える地域もある。最深9550メートル(千島の新知(しんしる)島南東沖)とされている。この海溝の内側(陸側)は、地震活動が非常に活発な地域となっている。[勝又 護]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千島・カムチャツカ海溝の関連キーワードアリューシャン列島カムチャツカ半島シュムシュ島千島火山帯千島列島千島海峡千島カムチャツカ海溝カムチャツカ岩東カムチャッカ海流

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone