コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千振 センブリ

2件 の用語解説(千振の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せん‐ぶり【千振】

リンドウ科の越年草。日当たりのよい山野などに生え、高さ約25センチ。茎は四角柱で暗紫色、葉は線形。秋、花びらの5裂した、紫色のすじのある白い花を開く。全体に苦味があり、胃腸薬に用いられる。名は、煎じて千回振り出してもまだ苦いことに由来。当薬(とうやく)。医者倒し。 秋》

㋐脈翅(みゃくし)目センブリ科の昆虫の総称。体長1~2.5センチ、翅(はね)の開張2~4センチ。ヘビトンボに似るが、それより小形で黒色。単眼がない。幼虫は小さな流れにすみ、成虫は初夏のころ水辺を飛ぶ。
センブリ科の昆虫。北海道シベリアに分布し、水辺の草上にみられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せんぶり【千振】

リンドウ科の越年草。乾いた丘陵地に生える。茎は高さ約25センチメートルで紫色を帯び、広線形の葉を対生。秋、枝頂に紫の線条のある白い花をつける。この時期に引き抜く。全体に苦みが強く、乾燥したものを当薬とうやくといい、煎じて健胃薬とする。和名は千回振り出してもまだ苦いという意。医者倒し。 〔「千振引く」は [季]秋〕
アミメカゲロウ目の昆虫。ヘビトンボに似るが小形で、体長は約15ミリメートル。体は黒く、はねは暗色で半透明。初夏水辺に現れる。ヤマトセンブリ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千振の関連キーワード茜菫秋の麒麟草苔竜胆雀野豌豆唐飛廉春竜胆菊薊日当り薬師草フデリンドウ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

千振の関連情報