コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半夏厚朴湯 はんげこうぼくとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

はんげこうぼくとう【半夏厚朴湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)半夏茯苓(ぶくりょう)生姜(しょうきょう)厚朴蘇葉(そよう)などを含む。漢方の古典『金匱要略(きんきようりゃく)』などに処方が示されている。胃下垂食道けいれんつわり神経症自律神経失調症不眠神経性胃炎咳(せき)嗄声(させい)バセドー病腎(じん)炎ネフローゼ症候群陰のう水腫(すいしゅ)などに用い、咽喉(いんこう)に何かがつかえたような感じがして空ぜきをする、強い不安でいても立ってもいられなくなることがある、気分がゆううつ、めまい動悸(どうき)息切れといった症状をともなうとき、とくに有効とされる。痩(や)せ型で筋肉の締まりが弱い虚弱体質の人がおもな対象。

出典|講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

漢方薬のひとつ。不眠、めまいなどの症状に処方される。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

半夏厚朴湯の関連キーワード柴朴湯

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

半夏厚朴湯の関連情報