コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南唐文化 なんとうぶんかNan-tang wen-hua

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南唐文化
なんとうぶんか
Nan-tang wen-hua

中国,五代十国の一つである南唐 (937~975) に栄えた文化。わずか数十年間であるが,金陵 (南京) に都をおいて,江南のすぐれた環境と君主の好みもあって,唐文化を受入れ,五代一流の文化国となった。文学では唐中期から興った詞が流行し,君主の李 璟 (えい) ,李 煜 (いく) が『南唐二主詞集』を出している。絵画では徐煕董源らが出て前者は花鳥画に,後者は山水画にすぐれ,それぞれ一家をなした。徐崇嗣は花鳥画にぼかしの技法である没骨 (もっこつ) 法を始めた。李 璟も画院を設け,北宋の宣和画院の先駆をなした。工芸でも,李 煜の澄心堂紙のすぐれた紙の製作や,李廷珪らの上等の墨の製造は,当時の技術の水準の高さを示した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

南唐文化の関連キーワード李建勲李べん李煜

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android