コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南小泉遺跡 みなみこいずみいせき

世界大百科事典 第2版の解説

みなみこいずみいせき【南小泉遺跡】

仙台市遠見塚1,2丁目,古城3丁目にあり,沖積平野に立地する弥生時代古墳時代を中心とする広大な遺跡。1939年から41年にかけて,霞目飛行場の拡張工事で多数の遺物が出土して学界の注目を集めた。弥生時代の土器は中期の桝形囲式がもっとも多く,籾痕のついた土器片,石庖丁,棒状蛤刃石斧,片刃石斧,石のみ,有角石斧などを伴出している。また,この時期の合口甕棺が一定のせまい地域から15組発見され,そこが共同墓地であったと推定された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

南小泉遺跡の関連キーワード宮城県仙台市若林区南小泉宮城県仙台市若林区遠見塚

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android