南山御蔵入騒動(読み)みなみやまおくらいりそうどう

百科事典マイペディアの解説

南山御蔵入騒動【みなみやまおくらいりそうどう】

江戸時代,陸奥(むつ)国会津(あいづ)の南山御蔵入領(現,福島県南会津郡など)内で起こった百姓一揆。享保年間(1716年−1736年)年貢(ねんぐ)の苛酷な増徴策に苦しむ下郷の百姓が幕府代官に訴えたところ,南山一帯に一揆が広がり,年貢の軽減,米納石代納(こくだいのう)とすること,郷頭(かしら)制の廃止などを要求した。幕府の吟味の結果,江戸廻米(かいまい)が中止されるなど要求が受け入れられたほか,郷頭の一部が役儀の召上げのうえ過料に処されているが,一揆側の首謀者ほか5人は断罪,377人は田畑家財の取上げや過料などの処分を受けている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みなみやまおくらいりそうどう【南山御蔵入騒動】

享保年間(1716‐36)会津南山御蔵入領(現在の福島県南会津郡,大沼郡の大半)に起こった百姓一揆。この地方は1713年(正徳3)会津藩預り支配から幕府直支配となっていた。20年,劣悪な自然条件と,過酷な年貢増徴政策に苦しんでいた下郷農民が田島代官所へ強訴,その波紋はたちまち南山一円に広がった。一揆の要求は(1)貢租の軽減,(2)田方米納の強制に対する金納要求,(3)夫食(ぶじき)米籾確保のため江戸廻米中止,(4)郷頭(ごうがしら)制廃止などであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android