コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南海電気鉄道 なんかいでんきてつどう

4件 の用語解説(南海電気鉄道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南海電気鉄道
なんかいでんきてつどう

私鉄会社。1884年創立の大阪堺間鉄道が発祥,のち阪堺鉄道と改称。1925年高野山電気鉄道設立。1947年現社名に変更し,近畿日本鉄道から旧南海鉄道に属した路線などを譲り受けた。1948年南海乗合自動車の事業を継承,1961年和歌山電気軌道を合併。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なんかい‐でんきてつどう〔‐デンキテツダウ〕【南海電気鉄道】

大阪府と和歌山県に路線をもつ電鉄会社。また、その鉄道。難波・和歌山市間の南海本線、大阪の汐見橋と高野山の極楽橋間の高野線を中心として営業。明治18年(1885)開業。南海。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

南海電気鉄道

正式社名「南海電気鉄道株式会社」。英文社名「Nankai Electric Railway Co., Ltd.」。陸運業。明治18年(1885)前身の「阪堺鉄道株式会社」設立。大正14年(1925)「高野山電気鉄道株式会社」設立。昭和22年(1947)現在の社名に変更。本社は大阪市浪速区敷津東。鉄道会社。大阪府南部や和歌山県に路線を持つ。ショッピングセンター運営や不動産賃貸・販売も手がける。東京証券取引所第1部上場。証券コード9044。

出典|講談社
日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なんかいでんきてつどう【南海電気鉄道】

大阪府と和歌山県に171.7km(1997)の営業路線を有する民営鉄道。南海電鉄と通称。難波(なんば)~和歌山市間の南海本線と汐見橋~極楽橋間の高野(こうや)線のほか,数本の支線から成る。このうち関西空港への空港線6.9kmは関西国際空港に,和歌山港線4.6kmは和歌山県に属するものであり,第二種鉄道事業として営業している。現存する民営鉄道のうち最も古く,1884年設立の阪堺(はんかい)鉄道が前身。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の南海電気鉄道の言及

【阪和線】より

…大阪と堺および和歌山を結ぶ鉄道は明治中期から建設の気運が高く,1888年大阪~堺間(のちの南海鉄道。現,南海電気鉄道)が開業し,1903年和歌山まで全通,11年には全線が電化され,関西では有数の私鉄に成長していた。これに対し30年6月,阪和電気鉄道が海岸寄りを走る南海鉄道とほぼ並行しながら天王寺~東和歌山(現,和歌山)間を開業し,南海鉄道と激しい競争を繰り広げた。…

※「南海電気鉄道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

南海電気鉄道の関連キーワード井上馨キンダー佐竹義尭ジョイナーローレツ清元梅吉甲申政変ハムギアルコール発酵飯田事件

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南海電気鉄道の関連情報