コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単純性腎嚢胞 たんじゅんせいじんのうほうsimple renal cyst

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

単純性腎嚢胞
たんじゅんせいじんのうほう
simple renal cyst

孤立性腎嚢胞,あるいは単に腎嚢胞ともいう。液体を含む嚢が腎臓内にこぶのように発生するもの。数は原則として1個であるが,数個のこともある。 60歳代の男性に多い。画像診断法の進歩により診断が容易になった。無数に発生するものは嚢胞腎という。症状は軽く,側腹部の痛み,腰痛が主で,大きくなると腫瘤を触れる。腎臓の機能が侵されることはまれである。治療は針を刺して内容を吸引するが,再発しやすい。根治させるには手術が必要。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

家庭医学館の解説

たんじゅんせいじんのうほう【単純性腎嚢胞 Simple Cyst of the Kidney】

[どんな病気か]
 腎臓(じんぞう)の組織(腎実質(じんじっしつ))内に、液体のつまった小さな袋(嚢胞(のうほう))ができている状態をいいます。ふつう、嚢胞は片方の腎臓に1個または2~3個ありますが、両側の腎臓に多数あることもあります。
 嚢胞は少しずつ大きくなりますが、圧迫による腎実質への影響はほとんどなく、腎不全(じんふぜん)にはなりません。
 生まれつきのものと考えられていますが、遺伝性はありません。
[症状]
 大きな嚢胞は、まわりを圧迫することによって、軽い胃腸症状をおこすこともあります。しかし、多くの場合、症状はありません。
[検査と診断]
 症状がないことが多いので、ほかの病気で、腹部の超音波検査やCTスキャンをしていて発見されることが多くなっています。
 静脈性腎盂撮影(じょうみゃくせいじんうさつえい)などの検査で腎臓の腫瘤(しゅりゅう)が疑われたときは、嚢胞か悪性腫瘍(あくせいしゅよう)か、みきわめることが必要です。
 そのために、腎臓のCTスキャン、MRI、血管造影などが行なわれます。
[治療]
 嚢胞が大きくなって、まわりの臓器を圧迫している症状があったり、嚢胞か、がんか診断がはっきりしない場合には、治療をします。
 超音波検査の画像で、嚢胞をみながら、背中から細い針を刺し、特殊な管(カテーテル)を入れ、嚢胞内の液体を抜き、かわりに無水エタノールを注入して、再び回収する方法が行なわれています。
 一過性の顔面紅潮(がんめんこうちょう)、針を刺したところの痛み、発熱などがみられることがありますが、いずれも軽度です。
 針を刺して液体を抜くだけでは、すぐ再発してしまいます。また、液が透明でなかったら、液の詳しい検査(細胞診(さいぼうしん)など)が必要で、その結果によっては手術になることもあります。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

単純性腎嚢胞の関連キーワード腎がんのいろいろ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android