コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

印パ核実験 いんぱかくじっけん/いんどぱきすたんかくじっけん

知恵蔵の解説

印パ核実験

1998年5月、インドとパキスタンが相次いで断行し、「ヒンドゥー核とイスラム核の悪夢」として世界を揺るがした核実験。まず、インドが5月11、13日に西部のラジャスタン州のポカラン砂漠で計5回の地下核実験を実施した。74年以来24年ぶりの核実験だった。これに対抗し、パキスタンが5月28、30日に西部のバルチスタン州チャガイ丘陵で計6回の地下核実験を行った。両国とも過去十数年にわたって核疑惑が指摘されてきたが、核開発の経験が浅い国でも核兵器を保有できることを示した。インドの核実験は、98年の総選挙で政権を握ったインド人民党の選挙公約の実施だった。人民党は「中国やパキスタンの核の脅威があるのに、インドが核兵器導入を禁止される理由はない」と主張していた。一方、パキスタンは71年の第3次印パ戦争で敗れ、74年のインド核実験後、開発を進めてきたが、歴代首相は表向き核開発の疑惑を否定していた。両国とも国内世論は核実験を支持し、国際社会の世論と大きな違いを見せた。両国は核不拡散条約(NPT)、包括的核実験禁止条約(CTBT)に未加盟で、大国の核独占体制に波紋を投げかけた。日米など先進諸国は両国に経済制裁を実施したが、目に見えた効果はなかった。結局、2001年9月11日の米同時多発テロ後、印パ両国を反テロ戦争の拠点と考える米国の意向が働き、制裁解除が方向づけられた。

(竹内幸史 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

印パ核実験の関連キーワード多和田葉子平山郁夫[各個指定]工芸技術部門Kiroroエクソンモービル小渕恵三内閣グリーンランドゴダール(Jean-Luc Godard)植物ホルモンシーラカンス(建築事務所)

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android