印旛沼干拓(読み)いんばぬまかんたく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

印旛沼干拓
いんばぬまかんたく

印旛沼は利根川下流の沼で,洪水期に冠水の害が頻発するため,江戸幕府享保9 (1724) 年,天明5 (58) 年,天保 14 (1843) 年と3度干拓を計画。天保のそれは老中水野忠邦により天保の改革の一環として着手されたが難航,水野の失脚により中止,失敗に帰した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の印旛沼干拓の言及

【印旛沼】より

…周縁には国の重要文化財の寺院が多く,佐倉惣五郎の伝説にちなむ甚兵衛渡しもあり,県立印旛手賀自然公園に含まれるが,かつての面影はすでにない。【菊地 利夫】
[近世の印旛沼干拓]
 江戸時代には,干拓,治水,水運の利益を得るため,沼の西端平戸村から検見川村まで延長約17kmの掘割を掘り,沼の水を江戸湾に落とそうとする工事が3回行われた。第1回目は,1724年(享保9)に平戸村の染谷源右衛門が幕府に出願したことから始まる。…

※「印旛沼干拓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

印旛沼干拓の関連情報