コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原始一神観 げんしいっしんかんUrmonotheismus; primitive monotheism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原始一神観
げんしいっしんかん
Urmonotheismus; primitive monotheism

きわめて伝統的な生活をおくる民族の間にある全知全能の至上者に対する一神教的な観念。神の観念の起源およびその発展過程については,霊魂観念→精霊崇拝→多神教→一神教へと漸進的に発展したとする E.B.タイラーのアニミズム説が支配的であったが,19世紀末になって A.ラングが,最も「文明」に影響されていない民族の間に「全父」 all fatherの観念が認められるとして,これに疑問を投げた。これを受けて W.シュミットは,採集経済の段階にある諸民族を原文化 Urkulturに属する民族とし,彼らの間には至上神の観念が明確に認められるのに対して,霊魂観念その他の宗教形態は認められず,呪術も行われていないことを実証し,これは原始一神教とも呼ぶべき宗教形態であると主張した。シュミットによれば,神の観念の起源は創造神にして全知全能である至上神にあり,原始社会における宗教は一神教であったが,以後人間の堕落とともに精霊信仰や多神教が起り,ようやく理性を取戻した人間によって再び至上神への信仰が回復しつつあると説いた。ただし今日ではその説に対しては疑問が多く,これらの事例は高神 high god信仰とした方がよいとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

げんし‐いっしんかん〔‐イツシンクワン〕【原始一神観】

未開民族にも至高神信仰や一神教が存在し、それが宗教の原初形態であるとする宗教学説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げんしいっしんかん【原始一神観】

宗教の原初形態が、至高神を崇拝するものであり、従属神がいてもそれは副次的なものであったとする学説。採集狩猟民・遊牧民らの信仰の研究に基づき、多神教から一神教へと推移したという進化主義に反対して民族学者シュミットなどが唱えた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

原始一神観の関連キーワード採集狩猟民宗教人類学未開民族進化主義