原抱一庵(読み)はらほういつあん

百科事典マイペディアの解説

原抱一庵【はらほういつあん】

小説家,翻訳家。本名余三郎。岩代国(現福島県)生れ札幌農学校(現北大)に学ぶ。1888年《郵便報知新聞》掲載の森田思軒訳《炭坑秘事》に感銘を受け,思軒の知遇を得て1890年報知新聞社に入社。福島事件に取材しユゴー流の人道主義を背景とした《闇中政治家》を同紙に発表,好評を博した。他に《曇天》《明月》など。翻訳にコリンズ《月珠》,リットン《聖人か盗賊か》などがある。晩年は不遇であった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原抱一庵 はら-ほういつあん

1866-1904 明治時代の小説家,翻訳家。
慶応2年11月14日生まれ。森田思軒をたよって上京し,報知社に入社。明治23年小説「闇中(あんちゅう)政治家」を「郵便報知新聞」に連載し名をあげる。のち「仙台自由新聞」の主筆。明治37年8月23日死去。39歳。陸奥(むつ)郡山(こおりやま)(福島県)出身。札幌農学校(現北大)卒。旧姓は柏木。本名は余三郎。訳書にリットン「聖人か盗賊か」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

原抱一庵

没年:明治37.8.23(1904)
生年:慶応2.11.14(1866.12.20)
明治時代小説家,翻訳家。本名余三郎。陸奥国郡山(福島県)生まれ。二本松藩士柏木喜嘉三の13男。2歳で福島の俳人原太市(袋蜘),町子の養子となる。16歳で中国に渡り,上海の亜細亜学館に入学したが,まもなく帰国して札幌農学校に学んだ。森田思軒に認められ,明治23(1890)年に上京,報知新聞社の文芸記者となった。『新小説』『都の花』などに翻訳,小説を発表し,『闇中政治家』(1891)によって文名をあげる。明治25年思軒と共に退社し,翌年結婚して『仙台自由新聞』の主筆となったが,社が解散。『東京日日新聞』『万朝報』にもかかわったが,いずれも長続きせず,零落のうちに発狂して精神病院で没した。<参考文献>『根岸派文学集』(明治文学全集26巻)

(佐伯順子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android