秋の曲(読み)アキノキョク

世界大百科事典 第2版の解説

あきのきょく【秋の曲】

箏曲。2世吉沢検校作曲。手事(てごと)は松阪春栄補作。1856年(安政3)《琴中五玉抄》に初出。安政初期以前の作曲か。補作は95年ころ。箏曲復古運動の組歌で,古今組の一つ。歌詞は《古今和歌集》秋の部から6首採用し,初秋から晩秋へと配列。第3歌は大江千里,第4歌は壬生忠岑,第6歌は菅原道真で,他は読人知らず。第4歌の後に手事が2段入るが,通常同時に段合せをする。前後にマクラとチラシがつく。【久保田 敏子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あきのきょく【秋の曲】

箏曲そうきよく。安政年間(1854~1860)吉沢検校が作曲。松坂春栄が1895年(明治28)手事を補作。前歌・手事・後歌の三段形式の純箏曲。歌詞は古今集から秋の歌六首を選ぶ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あきのきょく【秋の曲】

箏曲。生田流山田流でも演奏)。吉沢検校作曲。安政年間(一八五四‐六〇)に成る。歌詞は「古今集」の秋の歌六首。古今組のうち、「春の曲」とともに有名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android