コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古典教育 こてんきょういく classical education

1件 の用語解説(古典教育の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古典教育
こてんきょういく
classical education

欧米の近代教育におけるギリシア語ラテン語およびそれらの言語によって著わされた学芸の教授,学習。中等・高等教育の基盤ともいうべき地位を占めていた。その理由として,ギリシアローマの文明が西欧文明の源泉であり,近代西欧文化はギリシア,ラテン語の知識なしには十分な理解ができないこと,ギリシア,ローマの文明を近代まで保持し伝承したのはおもにキリスト教会であり,特にカトリック教会はラテン語を公用語としていること,西欧の主要大学の多くは中世に端を発し,その伝統を現在まで継承しており,いろいろな面でギリシア語,ラテン語が重視されていること,それゆえに大学への入学資格にギリシア語,ラテン語の習得が基礎条件とされたこと,また形式陶冶的な立場から両語の組織的,知的性格が学生,生徒の能力の練磨にきわめて有効であると考えられたことなどをあげることができよう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古典教育の関連キーワードギリシアギリシア文学フュシスマクロビウスギリシャ語ラテンアメリカにおける想像と暴力スラブ・ギリシア・ラテン学院フォティアディス近代ギリシア語

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone