コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古典教育 こてんきょういくclassical education

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古典教育
こてんきょういく
classical education

欧米の近代教育におけるギリシア語ラテン語およびそれらの言語によって著わされた学芸の教授,学習。中等・高等教育の基盤ともいうべき地位を占めていた。その理由として,ギリシア,ローマの文明が西欧文明の源泉であり,近代西欧文化はギリシア,ラテン語の知識なしには十分な理解ができないこと,ギリシア,ローマの文明を近代まで保持し伝承したのはおもにキリスト教会であり,特にカトリック教会はラテン語を公用語としていること,西欧の主要大学の多くは中世に端を発し,その伝統を現在まで継承しており,いろいろな面でギリシア語,ラテン語が重視されていること,それゆえに大学への入学資格にギリシア語,ラテン語の習得が基礎条件とされたこと,また形式陶冶的な立場から両語の組織的,知的性格が学生,生徒の能力の練磨にきわめて有効であると考えられたことなどをあげることができよう。しかし形式陶冶的な考え方が強調されすぎて,教育が言語的な段階にとどまり,ギリシア,ローマの文明そのものの理解が没却されるきらいがある。 20世紀以降,科学,技術の発達,中等・高等教育の普及などがおもな原因で,大学入学資格から除外される傾向を生じ,ギリシア語,ラテン語は他の教科と並列的な扱いを受けるようになってきている。日本では,現在,漢文および古文が国語科のなかで古典として扱われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

古典教育の関連キーワードフンボルト(Karl Wilhelm Freiherr von Humboldt)テーラー(Griffith Taylor)リチャード・C. ジェブピュビス・ド・シャバンヌグアリーノダベローナイートン・カレッジプロイセン改革アルクイヌス神智協会ラシーヌ漢文教育ポルテフラー

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android