コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古橋源六郎 ふるはし げんろくろう

世界大百科事典 第2版の解説

ふるはしげんろくろう【古橋源六郎】

1850‐1909(嘉永3‐明治42)
明治期の農村指導者。三河(愛知県)北設楽郡の豪族といわれた酒造家名主である古橋家の7代目に生まれた。1878年から北設楽郡長を務めて地域産業の開発や社会教化に尽力,89年から没時まで稲橋村村長を務め,植林・製茶養蚕・産馬・貯蓄を奨励した。篤農で勤王家であった父暉児が県内ではじめて開催した農談会を,彼は部落・村・郡内に広く組織し,後の系統農会の母体とした。種苗所や農事講習所の設立に努め,農事関係の要職に選ばれて農業団体運動を促進したほか,品川弥二郎副島種臣と親交があり,新知識を山村の郷里にもたらした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

古橋源六郎の関連キーワード11月28日川村 貞四郎古橋義真稲武

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古橋源六郎の関連情報