コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古橋源六郎 ふるはし げんろくろう

2件 の用語解説(古橋源六郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古橋源六郎 ふるはし-げんろくろう

古橋義真(ふるはし-よしざね)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ふるはしげんろくろう【古橋源六郎】

1850‐1909(嘉永3‐明治42)
明治期の農村指導者。三河(愛知県)北設楽郡の豪族といわれた酒造家・名主である古橋家の7代目に生まれた。1878年から北設楽郡長を務めて地域産業の開発や社会教化に尽力,89年から没時まで稲橋村村長を務め,植林・製茶・養蚕・産馬・貯蓄を奨励した。篤農で勤王家であった父暉児が県内ではじめて開催した農談会を,彼は部落・村・郡内に広く組織し,後の系統農会の母体とした。種苗所や農事講習所の設立に努め,農事関係の要職に選ばれて農業団体運動を促進したほか,品川弥二郎副島種臣と親交があり,新知識を山村の郷里にもたらした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

古橋源六郎の関連キーワード大倉鷲夫小堀宗有小幡英之助岩男三郎織田喜作竹廼門静枝中井敬所林忠夫古橋義真村越滄洲

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古橋源六郎の関連情報